MUJI BOOKS 『GINZA』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2020年9月10日 17時45分

 無印良品を企画、開発する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松崎 曉)は、書籍『GINZA』を、9月18日(金)から、無印良品 銀座にて発売いたします。(他のMUJIBOOKS展開店舗は10月から順次取扱開始)



[画像1: https://prtimes.jp/i/987/1093/resize/d987-1093-622231-0.jpg ]


■無印良品のお店スタッフが案内する地域にねざしたガイドブック
 無印良品は、各地域で店舗を起点とした「土着化」を進めています。店とそこに暮らす人とのつながりを育て、地域にねざした 情報を提供するこの取り組みは、自社アプリ「MUJIPASSPORT」で、各店舗から「おたより」として発信しています。
 この度刊行するガイドブック『GINZA』(発行元:良品計画)は、無印良品銀座の土着化取り組みの一環として、銀座の街の魅力を独自に取材し、文庫サイズの書籍にまとめたものです。世の中にあふれるガイドブックとは一線を画する、生活者にも、旅行者にもたのしんでいただけるガイドブックです。うまい定食屋、ふしぎな路地裏、花街の銭湯、15時にひらくバーなど、健やかな銀座をご紹介します。
 冒頭には、銀座の街を俯瞰できる描き下ろしイラストの全体マップと、「銀座の仕事服しらべ」と題して、銀座で働く人たちの服装のイラストを掲載しました。これは考現学の創始者であり、20世紀初頭に銀座の街頭で街ゆく人々の服装などを丹念に調査した、今和次郎へのオマージュでもあります。本編では、銀座の街を1丁目から8丁目まで丁目ごとに紹介しています。そして、巻末の「銀座細見」では、本編で紹介しきれなかった内容も含め、「一目惚れ」「二人で行きたい」「三時のおやつ」など、異なる9つのテーマで、時代とともに変化するGINZAで変わらない贅沢をあつめてご案内します。

<商品概要>
『GINZA』
 価格:1200円+税
 ページ数:192ページ
 サイズ:文庫本(D1.3×W10.5×H14.8(cm))
 ISBN:9784909098306
[画像2: https://prtimes.jp/i/987/1093/resize/d987-1093-339759-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/987/1093/resize/d987-1093-474228-2.jpg ]



 無印良品では、商品と本が気持ちよくつながりあう売場「MUJI BOOKS」を大型店舗で展開し、豊かなくらしのヒントを発見していただけるよう、さまざまな「本のあるくらし」を提案しています。

□ MUJI BOOKS展開店舗  (※は10/1発売・その他は10月以降順次発売予定)
銀座(9/18発売)、札幌パルコ(※)、シエスタハコダテ(※)、仙台ロフト(※)、エルミこうのす、大宮マルイ、所沢西武(※)、イーアスつくば、柏ステーションモール、イオンモール木更津(※)、みんなみの里、錦糸町パルコ、上野マルイ、MUJIcom武蔵野美術大学、渋谷西武、アトレ恵比寿(※)、丸井吉祥寺店、新百合丘オーパ(※)、小田急百貨店町田(※)、NEWoMan YOKOHAMA、 Colette・Mareみなとみらい(※)、コースカベイサイド横須賀(※)、MUJIcomホテルメトロポリタン鎌倉、ららぽーと沼津(※)、静岡パルコ、浜松遠鉄百貨店、イオンモール松本(※)、直江津(※)、野々市明倫通り、イオンモール高岡(※)、近鉄百貨店四日市(※)、京都山科(※)、イオンモールKYOTO(※)、グランフロント大阪(※)、リノアス八尾、近鉄あべのハルカス(※)、イオンモール堺北花田(※)、イオンモール四條畷(※)、アクタ西ノ宮、岡山ロッツ(※)、アリオ倉敷、広島パルコ(※)、小倉駅前アイム(※)、MUJIキャナルシティ博多(※)、イオンモール福岡伊都、COCOSA熊本下通、浦添西海岸パルコシティ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング