【パルコ】国内最大規模のストリートダンスの祭典『Shibuya StreetDance Week 2019』SSDWアンバサダーにGANMIが就任!―2019年11月11日(~11月17日―

PR TIMES / 2019年9月28日 4時40分

世界最高峰のVIBE DANCE COMPETITION優勝に輝く、実力派ダンスユニットの参画でストリートダンスの祭典がさらにパワーアップ



[画像1: https://prtimes.jp/i/3639/1098/resize/d3639-1098-353788-4.jpg ]

株式会社パルコが一員であるShibuya StreetDance Week実行委員会(実行委員長:大西賢治   渋谷道玄坂商店街振興組合理事長)と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が 主催するストリートダンスの祭典『Shibuya StreetDance Week 2019』(以下略:SSDW2019)のアンバサダーに、2016年にロサンゼルスで開催された世界的コンテストVIBE DANCE COMPETITION XXI*で日本チーム初の優勝を遂げた実力人気ともに若手ナンバーワンのユニット、GANMI(ガンミ)が就任しました。
『Shibuya StreetDance Week』のテーマソングに合わせてみんなで踊るオープンプログラム「DANCE WITH music」。今年のテーマソングは、謎に包まれた注目のアーティストclaquepot (クラックポット)とGANMIがコラボした『CHOREO(コレオ)』に決定しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3639/1098/resize/d3639-1098-156865-0.jpg ]

■GANMIコメント
今回のアンバサダー就任に際し、GANMIの代表、Sota(ソウタ)は「GANMIはダンスの魅力をたくさんの人に知って、そして体験して頂きたく活動しております。今回 SSDW2019 のアンバサダーに就任できたことを本当に嬉しく思います。アンバサダーとして全力でこのプロジェクトを盛り上げさせて頂きます。『CHOREO』は claquepot が "ダンサー" をテーマに僕たちに作ってくれた楽曲です。踊るのも、踊りを見るのも "ダンス" はみんなのもの、そしてあなたのもの!渋谷がダンスで盛り上がる1週間、このCHOREO、そしてGANMIと一緒にこのプロジェクトを共に盛り上げていきましょう!!」と抱負を語っています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3639/1098/resize/d3639-1098-673397-1.jpg ]

GANMI (ガンミ)
日本から全世界に"エンターテインメント"を発信すべく、2015年に結成された"17人、男だけ"のダンスクルー。
2016年にアメリカ・ロサンゼルスで開催されたダンスの世界大会『VIBE DANCE COMPETITION XXI』*で日本チーム初の優勝を飾る。それを皮切りにTV出演やCM、アーティストの振付・LIVE演出、バックダンスに加え、国内外問わずワークショップやパフォーマンスを行っている。また、"日常をエンターテイメントに"というスローガンの元、社会活動の一環として小学校などでもダンスのレッスンを行っている。
2019年より、GANMIがクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げ、全国47都道府県にて 無料ライブを行う『全国1万人無料ダンスライブ計画(JG計画)』も展開中。

代表:Sota(GANMI)
1996年生まれ、神奈川県出身。ダンサー、振付家。高校生の時にダンスを始め、現在はGANMIのディレクターを務める。ワンマンライブの演出、振付、映像作品の監修や、楽曲のプロデュース作曲・作詞も行う。『全国1万人無料ダンスライブ計画(JG計画)』クラウドファンディング発起人として第1弾で360万円を達成。
*VIBE DANCE COMPETITION(バイブダンスコンペティション)
ダンスが産業として成立し、世界中から多くのダンサーが集う都市、ロサンゼルスで開催される最も由緒あり、最高峰と名高いコンテスト。それまで名だたる日本人チームが多数挑戦しても2位までに留まっていたが、2016年に「GANMI」が日本人として遂に悲願の初優勝を獲得した。

claquepot (クラックポット)

[画像4: https://prtimes.jp/i/3639/1098/resize/d3639-1098-195679-5.jpg ]

シンガーソングライターであり、自身の作品すべてのプロデュースを手掛ける男性ソロプロジェクト。己の姿を作品に一切反映させないスタイルで活動を 続けており、作品もデジタル配信とYouTubeでのみ公開されている。その  静かな音楽活動展開にも関わらずYouTube上では作品再生回数が異例の平均10万View超えを記録。極まれに投稿されるTweetにも常に4ケタ以上の いいねがつく等その一挙手一投足に高い注目が集まっている。

■ダンスワークショップ「SSDW FREE WORKSHOP」
代々木公園で11月17日(日)に開催されるメインイベントに先立ち、11月16日(土)にダンスワークショップの開催が以下の通り決定しました。渋谷がその発展に大きく貢献してきた ストリートダンスの文化とHIP HOPのテクニックが無料で学べます。応募方法の詳細はSSDW公式サイト( http://www.streetdanceweek.jp)をご覧ください。
日時:2019年11月16日(土)19:30~21:30
会場:studio mission 702 (東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 7F)
講師:DJ MAR SKI (ディージェー マースキー)、akihic☆彡(アキヒコ)
募集人数:先着70名(要事前申込)
参加費:無料
[画像5: https://prtimes.jp/i/3639/1098/resize/d3639-1098-868983-2.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/3639/1098/resize/d3639-1098-403486-3.jpg ]

■Shibuya StreetDance Weekとは
幅広い層に支持される新しい芸術文化としてのストリートダンスの確立と、ストリートダンサーの聖地である渋谷から世界へ良質なエンターテインメントを発信し、渋谷をより活力に溢れた街に することを目的に、2015年からスタートした国内最大規模のストリートダンスの祭典です。オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、東京を文化の面から盛り上げるTokyo Tokyo FESTIVALの一環として、今年は2019年11月11日(月)~11月17日(日)の期間で渋谷の街をダンスで彩る多様なプログラムを展開します。

[開催理念]
1. 表現者(ダンサー)、参加者(オーディエンス)、舞台(ステージ)を繋ぎ、幅広い客層に支持される新しい芸術文化として、ストリートダンスのポジショニングを確立する。
2. ストリートダンサーの聖地である渋谷からストリートダンスの魅力や本質的な価値を国内外へ発信し、活力に溢れた街をつくる。

[会期]2019年11月11日(月)~ 11月17日(日)
渋谷エリアで様々なプログラムを展開
※メインイベント(11月17日)は雨天決行、荒天中止(雨天時は内容を変更して実施予定)
※プログラム詳細は決定次第公式サイトにて随時お知らせいたします。
[会場]メインイベント:代々木公園(野外ステージ・イベント広場)
ダンスキャラバン:渋谷エリア商業施設 他
フリーワークショップ:studio mission
連携プログラム:CLUB HARLEM、Shibuya eggman 他
[入場料・参加費]無料
[主催]公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 / Shibuya StreetDance Week 実行委員会
[助成・協力]東京都
[後援]公益財団法人東京都公園協会、一般財団法人渋谷区観光協会、東京商工会議所渋谷支部、商店街振興組合原宿表参道欅会
[協力]studio mission、CLUB HARLEM、Shibuya eggman
[企画・制作・運営]株式会社パルコ、ファイブメディット株式会社
[制作協力]株式会社アノマリー、株式会社LAST TRAIN GETTER、株式会社ODORIBA、株式会社ワタナベエンターテインメント、株式会社ライジングプロダクション
[事務局]Shibuya StreetDance Week 事務局(ファイブメディット株式会社内)
TEL:03-6450-3670(10:00~17:00※土日祝日除く) / MAIL:info@streetdanceweek.jp
[公式サイト] http://www.streetdanceweek.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング