GMO VenturePartners、スマホ・アドテク・EC/決済・プラットフォーム等の分野に特化したVCファンド「GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合」設立

PR TIMES / 2012年11月27日 17時55分

2012年11月27日
報道関係各位

GMO VenturePartners株式会社
================================================================
スマートフォン・アドテク・EC/決済・プラットフォーム等の分野への投資に
特化したVCファンド「GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合」設立
~第一号投資案件として「Coda Payments PTE. LTD.」に出資~
================================================================
 GMOインターネットグループでベンチャー投資・インキュベーション事業を
行うGMO VenturePartners株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:熊谷
正寿 以下、GMO VenturePartners)は、ベンチャー企業の成長を支援する新
たなベンチャーキャピタル(VC)ファンド「GMO VenturePartners 3 投資事
業有限責任組合」(以下、当ファンド)を設立し、この度、本格的に新規投
資を開始いたしました。
 当ファンドは、スマートフォンやアドテクノロジー、プラットフォーム、E
コマース/決済、エンタープライズ・ソーシャルの分野におけるスマートフォ
ン、ソーシャル関連の技術・サービスに関わるベンチャー企業を支援する、
GMOインターネットグループのVCファンドです。
 当ファンドの投資案件の第一号として、東南アジア初となるマイクロペイ
メント(小額決済)を新しいキャリア決済で実現するCoda Payments PTE.
LTD.(本社:シンガポール CEO:Neil Davidson 以下、Coda Payments)に
出資いたしました。

■当ファンド設立の経緯
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 GMO VenturePartnersは、2005年よりGMO VenturePartners投資事業有限
責任組合とブログビジネスファンド投資事業有限責任組合、Social Ad &
Commerce technology Fund等(ファンド総額計約23億円)を運営しています。
これらの既存ファンドが新規投資を完了し、現時点で投資先5社がIPOを達成、
主力ファンドにおいては、既にファンド元本以上の投資リターンを実現してお
ります。GMO VenturePartners投資事業有限責任組合は、中国本土のセキュリ
ティ分野でシェア一位を誇るQihoo 360 Technology Co,Ltd.へ投資、IPOを実
現しており、海外においても実績を上げております。
 今回、GMOVenturePartnersは、既存ファンドの新規投資の完了に伴い、新
たな投資テーマを設定し、より大きなリターンを目指すため、当ファンドを
設立いたしました。従来の日本国内や中国に加えて、成長著しい東南アジア
における広告、EC、決済、スマートフォンなどの分野への投資も想定したファ
ンドとなります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング