1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

イベントストリーム処理市場ーアプリケーション別(不正検出、予知保全、アルゴリズム取引など)、コンポーネント別、展開モード別、タイプ別、業種別、および地域別ーグローバル予測2030年

PR TIMES / 2021年9月11日 9時45分

SDKI Inc.は、イベントストリーム処理(ESP)市場の新レポートを2021年09月10日に発刊しました。この調査には、イベントストリーム処理市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106383



イベントストリーム処理市場は、2022年に1,240百万米ドルの市場価値から、2030年までに4,874百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に21.6%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1107/resize/d72515-1107-411c0a4861b253e80789-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/event-stream-processing-market/106383

イベントストリーミング処理テクノロジは、ビジネス情報の継続的なフローをキャプチャ、分析、および応答する機能により、大量のリアルタイムデータを分析するために広く使用されています。イベントストリーミング処理ソリューションの採用を促進するためのモノのインターネット(IoT)とスマートデバイスに対する需要の高まり、およびリアルタイムの洞察を得るために、複数のソースからの膨大な量のデータを分析することに焦点の増加は、イベントストリーム処理市場の成長を促進する主な成長要因です。さらに、電子機器でのワイヤレス接続および通信技術の実装の増加は、製造部門でのイベントストリーム処理の採用も後押しします。しかし、レガシーアーキテクチャとの統合の欠如、と市場競争の激化により、新興経済国でのESPソリューションの採用が抑制されるか可能性があります。

イベントストリーム処理市場セグメント

イベントストリーム処理市場は、アプリケーション別(不正検出、予知保全、アルゴリズム取引、ネットワーク監視)、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、タイプ別(データ統合と分析)、業種別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

予知保全セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると推定されます。

アプリケーションによって、イベントストリーム処理市場は、不正検出、予知保全、アルゴリズム取引、ネットワークモニタリング、販売およびマーケティング管理、その他(ロケーションインテリジェンス、運用管理、スマートグリッド安定化)に分割されます。予知保全セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。これは、リテール、銀行、金融サービスおよび保険(BFSI)、製造、エネルギーと公益事業、情報技術(IT)と電気通信、および運輸業界で広く使用されているためです。

イベントストリーム処理市場の地域概要

アジア太平洋地域(APAC)のイベントストリーム処理市場は、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。APACは、イベントストリーム処理ソリューションを急速に採用するという点で、最も急速に成長している地域の1つです。アジア太平洋地域のイベントストリーム処理市場の成長は、発展途上の経済、および接続されたデバイスとデジタル化の増加に起因しています。さらに、この地域の新興国における消費者の積極的なオンラインエンゲージメントも、この地域のイベントストリーム処理市場の成長に貢献しています。また、低コストの所有コストでイベントストリーム処理ソリューションを展開および管理するための大規模な施設は、この地域のイベントストリーム処理市場の成長を後押ししています。さらに、この地域にあるさまざまな国内外の企業がイベントストリーム処理プロバイダーと提携して、ローカルクライアントに合わせたサービスを強化および提供しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

イベントストリーム処理市場の主要なキープレーヤー

イベントストリーム処理市場の主要なキープレーヤーには、IBM(米国)、Microsoft(米国)、Google(米国)、Oracle(米国)、SAS(米国)、SAP(ドイツ)、TIBCO(米国)、Informatica(米国)、Hitachi Vantara(米国)、AWS(米国) 、Software AG(ドイツ)、Salesforce(米国)、Redhat(米国)、FICO(米国)、Impetus Technologies(米国)、data Artisans(ドイツ)、Radicalbit(イタリア)、Streamlio(米国)などがあります。この調査には、イベントストリーム処理市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106383

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング