Hirotton ソロアートショー「The Original Works」を伊勢丹新宿店メンズ館にて開催

PR TIMES / 2019年9月11日 15時40分

「Black & White」「5min drawing」「Skateboard Art」の三部構成

2019年9月18日(水)から10月1日(火)まで、伊勢丹新宿店メンズ館2階のギャラリースペース 『ART UP/アートアップ』 にて、アーティスト/ペインターのHirotton(ヒロットン)によるソロアートショー「The Original Works」を開催いたします。





[画像1: https://prtimes.jp/i/8372/1114/resize/d8372-1114-320899-0.jpg ]

Hirottonは、スケートボードカルチャーやパンクミュージックなど自身のバックグランドに紐づく作品を数多く生み出しており、昨年伊勢丹新宿店本館6階の催物場でもライブペインティングを披露するなど、D.I.Y精神に基づいた様々な活動を展開しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/8372/1114/resize/d8372-1114-555281-1.jpg ]

本作品展は、「Black&Whiteの細かい描写による作品」・「原案のメッセージ性、アイデア性の強い”5min drawings”」・「職人によりシェイプされたスケートボードにダイレクトにペイントされた作品」の三部構成で、全て「Original works(原画)」による原画展となります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/8372/1114/resize/d8372-1114-298496-2.jpg ]


■Hirottton Solo Artshow「The Original Works」
【会期】2019年9月18日(水)~10月1日(火)
【会場】伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内 “ART UP”
※イセタンメンズの公式メディア「IMn」にて、Hirrotonのインタビューを9月13日(金)公開予定。
URL: https://www.imn.jp/post/108057201493

アーティストプロフィール

[画像4: https://prtimes.jp/i/8372/1114/resize/d8372-1114-387294-3.jpg ]

Artist/Painter
HIROTTON 
1986年生まれ。美術大学卒業後、英国ロンドンに渡る。
ソロアートショー、スケートボード、Tシャツ、CDジャケット、フライヤーのデザインなど約4年間のアート活動を経て、2012年、日本に拠点を移し、現在のスタイルを確率した表現者。
パンクシーン、スケートボードカルチャーに強い影響を受け、また生物、自然など身の周りの環境や、politicalな内容を独自のフィルターを通し、作品に反映させ国内外問わず活動。
スケートボード関係、アパレル、音楽関係のみにとどまらず、銀座Dover Street Marketや新宿伊勢丹本館にて装飾を担当するなど活動の幅を広げている。
アメリカLAを拠点とするスケートカンパニーHeroin skateboardsからデッキシリーズのデザインを始め、TOY MACHINEやFOUNDATION等多くのスケートブランドのデザインを担当。
個展も積極的に行い、自身のアートプロジェクトPARADOXもD.I.Y精神に基づき展開する。

Drawing Artist
Hiroyuki ‘HIROTTON’ Uemura, born 1986, Japan.
A graduate of the Osaka University of Art, Hirotton relocated to London in 2008 and has since been working as a freelance designer for his company, ‘PARADOX’. Currently based in Tokyo, Japan, his recent works include illustrations for fashion, print, publishing, skateboard brands, the music industry and his own exhibitions.
He has also been doing screen printing.
His personal art work is influenced by punk, skate and street culture. He is always inspired and excited by what’s happening around him and tries to capture that moment in his work, so others can understand and see life through his eyes.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング