1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

タワレコ、2023年の売上ランキングを発表 邦楽はSnow Manがアルバムとシングルの首位独占 The Rolling Stonesは7年ぶりの新作が洋楽トップに

PR TIMES / 2023年12月3日 16時40分

タワーレコード株式会社(本店:東京都渋谷区、代表取締役社長:嶺脇育夫)では、2023年の年間チャートとして音楽および映像部門で11 カテゴリー、ならびにTOWER BOOKSにて6カテゴリー、音楽サブスクリプションサービス「TOWER RECORDS MUSIC」の再生ランキング3カテゴリーの合計20カテゴリーを発表します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25445/1121/resize/d25445-1121-90336972613c716e5871-5.jpg ]

 2020年のデビューから3年連続、邦楽アルバムまたはシングルで1位を守ってきたSnow Man。本年もその勢いは衰えることを知らず、アルバム『i DO ME』とシングル『タペストリー/W』にて2冠を獲得しました。楽曲の魅力はさることながら、9人の歌声と躍動感あふれるパフォーマンスが熱狂を惹きおこし続けています。

 洋楽アルバムでは、The Rolling Stones『Hackney Diamonds』が首位に。前作がカバーアルバムだったため、オリジナルアルバムとして実に18年ぶりのリリースに世界中が刮目した話題作です。60年以上活動してきた彼らだからこそ完成した、2023年を代表する1枚となりました。

 タワーレコードの年間チャート「2023 ベストセラーズ」全カテゴリーの結果は、タワーレコード オンライン内の特設ページにてご覧いただけます。

タワーレコード オンライン「2023 ベストセラーズ」特設ページ
https://tower.jp/site/bestseller/2023/top

タワーレコード「2023 ベストセラーズ」邦楽アルバムTOP20


[画像2: https://prtimes.jp/i/25445/1121/resize/d25445-1121-927bcc0083efdbf39280-0.jpg ]

アルバム部門では、初のドームツアーを完走し、個人としてもグループとしても活躍の幅を広げているSnow Manの『i DO ME』が1位、King & Prince初のベストアルバム『Mr.5』が2位を記録。また、自身最大規模のツアーやドーム・ライブ、紅白初出場が決定するなど、飛躍の年となったMrs. GREEN APPLEの『ANTENNA』がランクイン。TOP20のうち、半数以上が男性アイドルグループの作品となる中で、back number、Mr.Children、山下達郎といった幅広い世代から支持されているアーティストもランクイン入りを果たし、人気の高さを伺える結果となりました。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/25445/table/1121_1_108c0e51c5847d9862dbaaa99ab56eea.jpg ]


タワーレコード「2023 ベストセラーズ」邦楽シングルTOP20


[画像3: https://prtimes.jp/i/25445/1121/resize/d25445-1121-2b937a017b25fa895017-1.jpg ]

シングル部門では、Snow Man『タペストリー/W』が1位を、『Dangerholic』が2位を獲得!King & Princeは『Life goes on / We are young』が3位にランクインするほか、デビューシングル『シンデレラガール』と『なにもの』もランクイン。また、動画サイトなどで大きな反響を得た、SixTONESの『ABARERO』『こっから』『CREAK』の3作品もTOP20にランクイン。このほか、JO1やINIといった男性グループや、女性アイドルで唯一となる乃木坂46のシングル作もTOP20入りを果たしました。
[表2: https://prtimes.jp/data/corp/25445/table/1121_2_9ce1075c6c35c84eb6d9a97a5d9ed727.jpg ]


タワーレコード「2023ベストセラーズ」洋楽アルバムTOP20


[画像4: https://prtimes.jp/i/25445/1121/resize/d25445-1121-8fe83b4d10d717e11a95-2.jpg ]

ドラマ主題歌にも起用された“アングリー”を筆頭に、現役感バリバリの〈Rock 'n Roll〉を鳴らした、ストーンズの18年ぶり新作が堂々1位!デビュー40周年の節目となるメタリカ、日本でもブレイクを果たしたマネスキンが、それに続く形でランクイン。映画も大ヒットを記録した『BLUE GIANT』のサントラ、また、SZAやオリヴィア・ロドリゴなど、グラミー賞ノミネート作品も聴き逃がせません。来日公演を控えるテイラー・スウィフトやエド・シーラン、またブラーやノエル、ケミカル兄弟といったUKベテラン勢の活躍も印象に残る1年でした。
[表3: https://prtimes.jp/data/corp/25445/table/1121_3_ca3bd2b355d9dabc3ece8a127bae5bcf.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25445/1121/resize/d25445-1121-532293651a05d74a262e-3.jpg ]

TOWER RECORDS MUSIC(サブスクランキング)2023年 楽曲TOP10


[画像6: https://prtimes.jp/i/25445/1121/resize/d25445-1121-20d2b9e9a2fca84df79e-4.jpg ]

1位は2023年に放送され大きな話題を集めたテレビアニメ『【推しの子】』オープニング主題歌、YOASOBI「アイドル」。2位にはタワーレコード渋谷店が舞台になったドラマ「silent」主題歌、Official髭男dism「Subtitle」がランクインしました。
[表4: https://prtimes.jp/data/corp/25445/table/1121_4_1c6324ace4262004a842d21173fa2cad.jpg ]


TOWER RECORDS MUSIC(サブスクランキング)2023年 アーティストTOP10


アーティスト再生年間1位は「アイドル」の他、「勇者」「セブンティーン」などヒットを連発したYOASOBI。さらに今年本格的にブレイクしたMrs. GREEN APPLEが年間ランキングに初ランクインしました。
[表5: https://prtimes.jp/data/corp/25445/table/1121_5_64780745bb6e35027727c331d48a7a90.jpg ]


カテゴリー一覧


音楽・映像
邦楽アルバム
邦楽シングル
邦楽映像
洋楽アルバム
K-POPシングル
K-POPアルバム
JAZZ
映像(邦画 国内ドラマ)
映像(洋画)
アニメ
クラシック

TOWER BOOKS
書籍総合
音楽本
雑誌・ムック
写真集
コミック
一般書籍・趣味・教養

TOWER RECORDS MUSIC
楽曲 TOP 10
アーティスト TOP10
新人アーティスト部門

※集計期間:2023年1月1日~10月31日
※邦楽アルバム、邦楽シングル 、洋楽アルバムは、メジャーとインディーズを併せた全作品の集計です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください