1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

グリーンテクノロジーと持続可能性市場ーテクノロジー別(IoT、AIと分析、デジタルツイン、など)、アプリケーション別、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、地域別ー世界的な予測2030年

PR TIMES / 2021年9月14日 19時45分

SDKI Inc.は、「グリーンテクノロジーと持続可能性市場ー世界的な予測2030年」新レポートを 2021年09月14日に発刊しました。この調査には、グリーンテクノロジーと持続可能性市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106246



グリーンテクノロジーと持続可能性市場は、2020年に112.0億米ドルの価値を保持しました。2022年に179.5億米ドルの市場価値から、2030年までに935.6億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に26.6%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1121/resize/d72515-1121-8942a9d0e90f5fbe0272-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/green-technology-and-sustainability-market/106246

環境問題に関連する意識の高まり、およびクリーンエネルギー資源の使用に対する消費者と産業の関心の高まりは、グリーンテクノロジーと持続可能性ソリューションおよびサービスの採用を推進しています。さらに、二酸化炭素排出量の削減、と廃棄物の生成を最小限に抑えるための政府のイニシアチブは、予測期間中にグリーンテクノロジーと持続可能性市場の成長を推進する主要な要因です。消費者は、環境への害が少ない製品を求めています。したがって、製造業者は製品とソリューションを生産するためにグリーン製造の実施を開始しました。スマートテクノロジーはそのパラメーター内で動作し、グリーンITと環境保護を提供します。ITおよび通信インフラストラクチャの近代化による低炭素排出は、グリーンテクノロジーと持続可能性市場の成長を促進します。

しかし、グリーンテクノロジーのソリューションに関連する高い製品コストは、グリーンテクノロジーと持続可能性市場の成長を抑制する可能性があります。

グリーンテクノロジーと持続可能性市場セグメント

グリーンテクノロジーと持続可能性市場は、テクノロジー別(IoT、AIと分析、デジタルツイン、クラウドコンピューティング、セキュリティ、ブロックチェーン)、アプリケーション別(グリーンビルディング、カーボンフットプリント管理、気象監視と予測、漏水検知、火災検知、土壌状態/水分監視、作物監視、森林モニタリング)、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

サービスセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

コンポーネントに基づいて、市場はソリューションとサービスに分割されます。サービスセグメントは、グリーンテクノロジーと持続可能性市場に大きな影響を与えます。これらのサービスは、運用コストの削減、全体的な収益の増加、およびビジネスの生産性とパフォーマンスの向上に役立ちます。これは、予測期間中にセグメントの成長を推進しています。一方、ソリューションセグメントは、予測期間中により大きな市場規模を占めると推定されます。

ブロックチェーンセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると推定されます。

テクノロジーに基づいて、市場はIoT、AIと分析、デジタルツイン、クラウドコンピューティング、セキュリティ、ブロックチェーンに分割されます。さまざまな新興企業が、リアルタイムでのデータ共有を促進することにより、エネルギーグリッドをよりアクセスしやすく持続可能なものにするためのツールとしてすでにブロックチェーンを使用しています。エネルギー集約型の暗号通貨マイニングは、炭素排出量の急増を引き起こしました。したがって、ブロックチェーンはグリーンテクノロジーの分野でイノベーションを推進することができます。一方、クラウドコンピューティングセグメントは、予測期間中に最大の市場規模を保持すると予想されます。この成長は、センサー、衛星画像、天気を介してデータへのリアルタイムのリモートアクセスを提供するクラウドの利点に起因する可能性があります。

グリーンテクノロジーと持続可能性市場の地域概要

グリーンテクノロジーと持続可能性市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米のグリーンテクノロジーと持続可能性市場は2020年に最大の市場規模を占めました。これは主に、この地域のグリーンテクノロジーと持続可能性ベンダーの幅広い基盤によるものです。ベンダーは、気候変動や排出量、汚染、廃棄物のレベルの上昇という課題に対応するために、研究開発と高度なテクノロジーの統合に重点を置いています。一方、アジア太平洋地域のグリーンテクノロジーと持続可能性市のは投資にとって有利な市場であると予想され、予測期間中に最大なCAGRを登録すると予想されます。この成長は、中国、インド、シンガポールなどの発展途上国が、ビジネスプロセスを強化するための高度なテクノロジーの統合に焦点を合わせていることに起因する可能性があります。

グリーンテクノロジーと持続可能性市場の主要なキープレーヤー

グリーンテクノロジーと持続可能性市場の主要なキープレーヤーには、GE(米国)、IBM(米国)、Enablon(フランス)、Salesforce(米国)、Microsoft(米国)、Schneider Electric(フランス)、Engie Impact(米国)、Intelex(カナダ)、Enviance(米国)、Sensus(米国) 、LO3 Energy(米国)、Isometrix(南アフリカ)、Taranis(イスラエル)、Trace Genomics(米国)、ConsenSys(米国)、CropX(イスラエル)、Hortau(米国)、IOT Solutions and Consulting(ヨーロッパ)、Pycno(英国)、MineSense Technologies(カナダ)などがあります。この調査には、グリーンテクノロジーと持続可能性市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106246

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング