負けられない日本!「次は絶対勝てるように頑張りたい」。デビスカップ1回戦で錦織圭がイバン・ドディグに挑む!注目の試合は12日(日)午後1:00からWOWOWライブで生中継!

PR TIMES / 2012年2月13日 9時18分



兵庫県のブルボンビーンズドームで開催されている男子テニス国別対抗戦、デビスカップワールドグループ1回戦の日本vsクロアチア(WOWOWにてフルハイビジョン生中継)。
第1日目に行われたシングルス戦では、添田豪が格上のイバン・ドディグに2セットダウンから見事な逆転勝利を挙げ、日本にワールドグループでの初勝利をもたらした。続くシングルス戦には錦織圭が登場。2連勝を目指したが、イボ・カルロビッチにストレートで惜しくも敗戦。日本は第2日目のダブルスも落とし、対戦成績は1勝2敗となった。第3日目はもう負けられない日本。1試合目に登場予定の錦織が、第1戦目を振り返り次戦への抱負を語った。


Q:第1戦の印象は?

錦織:予想通りストローク戦が少なく、その中でも自分のサービスゲームでかなりプレッシャーをかけられていたので、もう少し粘るとか、簡単なミスを減らすとかできていればもう少し競れたと思います。イージーミスが多くて、なかなか自分のいいリズムにならなかったですね。


Q:相手のサーブはどうでしたか?

錦織:相手のサーブがよくて、ほとんどファーストサーブが入ってきました。後半はなんとか返しはじめたのですが、やはり自分のサービスゲームをキープできなかったことが敗因だと思います。


Q:ストローク戦をやらせてもらえなかったことは予想外のことでしたか?

錦織:あれだけサーブでポイントを取られるのも初めての経験でした。リズムがとりにくい、今までにいないプレーヤーだったので、本当にやりづらかったですね。急に前に出てきたり、ボレーもしっかり入れてきたりと、ストロークでのリズムが掴めず、自分のプレーが貫き通せませんでした。


Q:カルロビッチの何に手こずりましたか?

錦織:最初は後ろに下がって対応しようと思っていたのですが、打点が高すぎました。今までに受けたことのないようなサーブでした。2セット目位から少し前に出て、いつも通りの位置でプレーしたら、少しずつチャンスも見えてきていたので、もうあと一歩のところだったと思います。でも、やっぱりコースもいいですし、角にあのスピードで入ってくるとどうしようもなかったので、やっていて難しかったです。


Q:日本のファンの熱気を間近に感じながらのプレーはどうでしたか?

錦織:日本でこうやってプレーする機会も少ないので、もう少し頑張っていいプレーができていればと思います。


Q:2試合目に向けて一言お願いします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング