1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

STM32マイコンとMicrosoft(R) Azure RTOSを活用したIoT機器の開発期間を短縮する新しいソフトウェアを発表

PR TIMES / 2021年3月26日 9時45分

Microsoft(R)社との協力に基づき、STM32Cube開発エコシステムに完全統合されたソフトウェア拡張パッケージをリリース



[画像: https://prtimes.jp/i/1337/1145/resize/d1337-1145-529957-0.jpg ]

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、汎用32bitマイクロコントローラ(マイコン)STM32ファミリとMicrosoft(R) Azure RTOSを活用した次世代のスマートIoT機器開発のサポートを強化するため、豊富な機能を備えた新しいSTM32Cube拡張パッケージを発表しました。

2020年、STとMicrosoft社は、STのSTM32Cube*開発エコシステムからMicrosoft Azure RTOS(リアルタイムOS)スイートのシームレスな利用を可能にするため、協力することを発表しました。この協力に基づいて今回発表された新しいSTM32Cube拡張パッケージには、追加のサンプル・コードが含まれており、設計上の課題を解決して製品開発期間の短縮に貢献します。ロイヤルティ・フリーで提供されるため、開発者はサンプルを入手後すぐに使用し、カスタマイズすることが可能です。

STのグループ・バイスプレジデント 兼 マイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるRicardo de Sa Earpは、次のようにコメントしています。「STM32Cube開発エコシステムは、業界をけん引する組込み開発向けエコシステムとして認められています。STは引き続き、顧客の開発プロジェクトに高い価値を提供する新しいソフトウェアやツールを追加していく予定です。最新のSTM32Cube拡張パッケージにより、Azure RTOSを利用する新製品の開発期間を大幅に短縮できると確信していただけるでしょう。」

最初の拡張パッケージとなる「X-CUBE-AZRTOS-H7」は、STM32ファミリの製品で最高レベルの性能を持つSTM32H7シリーズを対象としており、同シリーズを使用する開発を迅速に開始することができます。その他のSTM32マイコンに対応する拡張パッケージは、2021年内にリリースされる予定です。

超高性能STM32H7シリーズには、100品種以上のシングルコアおよびデュアルコア製品が含まれており、Arm(R) Cortex(R)-Mプロセッサ搭載マイコンとして業界最高のベンチマーク・スコアを実現する処理性能に加え、強力なグラフィック処理能力とハードウェア・ベースのサイバー・セキュリティを提供します。

X-CUBE-AZRTOS-H7は現在、ウェブサイトから無償でダウンロードできます。
https://www.st.com/ja/embedded-software/x-cube-azrtos-h7.html?icmp=tt20147_gl_pron_feb2021

技術情報

STM32Cube開発エコシステムでは、組込みソフトウェア / ハードウェア開発に役立つリソースが提供されています。STM32Cubeソフトウェア・パッケージおよびツールには、強力なマイコンの初期化コード自動生成ツール「STM32CubeMX」や、STM32CubeIDE統合開発環境、各種マイコンに専用のSTM32Cubeソフトウェア・パッケージ、用途に応じたSTM32Cube拡張パッケージが含まれています。また、低価格のSTM32 Nucleoボード、使いやすいDiscoveryキット、および豊富な機能を搭載した評価ボードなど、試作開発に役立つハードウェア・ツールが幅広く提供されています。

Microsoft Azure RTOSは、STM32Cubeのツールから利用可能です。X-CUBE-AZRTOS-H7は、STM32CubeMXおよびSTM32CubeIDEと互換性があるため、Azure RTOSのミドルウェア・スタックをGUIから直接設定することができます。また、STの各種開発ボード「NUCLEO-H723ZG」、「STM32H747I-DISCO」、「STM32H743I-EVAL」、および「STM32H735G-DK」向けサンプル・アプリケーションも多数含まれています。

Azure RTOSスイートには、リソースに制約のあるアプリケーションに適した、メモリ容量の小さいRTOS 「Azure RTOS ThreadX」や、さまざまなストレージ・メディア(RAM、Flashメモリ、取り外し可能メディアなど)に対応し、耐障害性を備えたFileX FATファイル・システムが含まれています。また、産業用のTCP/IPネットワーク・スタックとUSBスタックも提供されており、信頼性と電力効率に優れたIoT機器の開発において不可欠な要素が集約されています。

Azure RTOSに組み込まれた堅牢なサイバー・セキュリティには、Common Criteria(CC)EAL4+認証取得済みのIPレイヤ・セキュリティ(IPsec)およびソケット・レイヤ・セキュリティ(TLSおよびDTLS)プロトコルと、FIPS 140-2認証取得済みのソフトウェア暗号化ライブラリが含まれます。また、IEC 61508 SIL4、IEC 62304 Class C、ISO 26262 ASIL-Dなど、安全性の認証取得にもMicrosoft社が直接対応しています。

STM32Cube開発エコシステムの詳細およびツール / ソフトウェアのダウンロードについては、ウェブサイトをご覧ください。
https://www.st.com/content/st_com/ja/stm32cube-ecosystem.html?icmp=tt20147_gl_pron_feb2021

また、ブログ記事もご覧いただけます。
https://blog.st.com/x-cube-azrtos-h7/

*STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、約46,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な独立系総合半導体メーカーです。約10万社を超えるお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。STのテクノロジーは、スマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・5G通信の普及を可能にします。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ & デジタル製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング