1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ウエディングプランナーの全国大会『GOOD WEDDING AWARD 2021』愛知県の「藤井さん」が日本一に輝く!

PR TIMES / 2021年7月7日 17時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-35dd40801ce2cdafd9cb-0.jpg ]


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長: 北村 吉弘)が運営するリクルート ブライダル総研は、「いい結婚式」をプロデュースした事例を、全国のウエディングプランナーから募り、グランプリを決める最終審査会を実施しました。その受賞結果を発表いたします。

コロナ禍の知恵と工夫が詰まったウエディングプランナーの受賞結果発表

★グランプリ★ 藤井 菜実さん アージェントパルム 所属(愛知県)


[画像2: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-7cc6c028e18b5d7741fe-6.jpg ]

もうひとつの招待状 ~未来で完成させる~
「友人を呼べないなら、結婚式をやる意味がない」とキャンセルを希望する新郎新婦。「親族だけで、形だけできれば…」という親御様。何のため、誰のために結婚式をするのかを見失ったふたりに提案したのは、従来のカタチを超えた 「未来に光が差し込むような結婚式」。


★準グランプリ★ 木山 妃香璃さん ララシャンス博多の森 所属(福岡県)


[画像3: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-ac9dae2fa2bb6adf2b09-7.jpg ]

Piece of journey ~愛を浴びて ヒカリカガヤク~
憧れ続けたプランナーにやっとなれた矢先、コロナ禍突入、結婚式もできず、存在価値を見失う日々。そんな時に出会った新郎新婦も、ゲストの欠席が相次ぎ披露宴を諦めることに。「自分は何のためにプランナーになったのか?」自問自答の末の、渾身のサプライズとは?


★ソウル賞★ 仁藤さん ミュゼ四ツ池(静岡県)


[画像4: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-c36eb60d708740fe7dd7-8.jpg ]

未来の幸せな私たち
新婦の唯一の要望は「お父さんとバージンロードを歩きたくない」。このカップルを、プランナーはコロナ禍にあっても覚悟を持って「結婚式をする」という強い決断に導いていく。コロナという困難を、ネガティブからポジティブに転換したプランニング。


★クリエイティブ賞★ 工藤さん ガーデンヒルズ迎賓館大宮(埼玉県)


[画像5: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-8b345dae4d309c331d3e-9.jpg ]

mix,melt,blend in
どちらも20歳の明るく屈託のない新郎新婦。しかしふたりが話す“結婚式を挙げる意味”は、「どこかで聞いたような、誰が担当しても叶えられる結婚式」だと感じたプランナー。自分だからこそ見つけられる「ふたりの幸せに繋がる気づき」を繊細に読み取り、形にしていく。


★クリエイティブ賞★ 高橋さん 宮の森フランセス(北海道)


[画像6: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-9ccf7e5d1d92c7290dff-10.jpg ]

Rough×Laugh
~結婚式が永遠の未来への懸け橋に~
おつきあい9年、阿吽の呼吸のふたり。しかし新婦の「結婚式をしたからと言って、離婚しなくなるわけではないのにね」との言葉に違和感を感じたプランナーは、自分がこの職を志した理由を思い起こし、奮起。そして、絡まりあった家族の感情の糸を解きほぐしていく。


※報道関係の方には、7月6日に行われた最終審査会の「写真」「映像」のご提供を行っております。詳しくは広報の中井までお問い合わせ下さい。


GOOD WEDDING AWARD 2021 開催概要

GOOD WEDDING AWARDとは
全国のウエディングプランナーから、この一年間で最も心に残り、カップルの想いや要望を素敵な形で実現した!と思う結婚式を応募していただき、グランプリを決めるコンテストです。プランナーが新郎新婦の想いやその背景を理解し、創造性と構成力をもってプランニングすることで、新郎新婦・ゲストの双方にとって忘れられない“心に残る結婚式”が世の中に溢れるお手伝いをすることを目的として、2011年から実施しております。本大会をリクルートが開催する背景としては、‘’結婚式はリピーターがいないサービス業‘’であるという特性により、ウエディングプランナーが結婚式の質を向上させるモチベーションに繋がりにくいため、客観的に「いい結婚式」を審査し、表彰することで、全国のウエディングプランナーのモチベーションに繋げていただくとともに、挙式数を増やしブライダル業界をサポートしたいという考えがあります。
2020年度は全国で27万組のカップルが結婚式の延期を余儀なくされ、実施された結婚式もコロナ禍での開催となり、より一層ウエディングプランナーの提案・工夫の積み重ねが詰まった内容となりました。今年で11回目の今大会は、全国から515件のエントリーがあり、当日は、予選を通過した8名のファイナリストがプレゼンテーションを行い、審査員の審査と会場による投票の結果、賞の発表と授賞式を行いました。


開催概要
■日程:2021年7月6日(火) 14:00~18:00
■方法:大手町三井ホールにて発表、インターネット配信
■審査員:石渡 雅浩(『The Professional Wedding』編集長)
落合 歩(リクルートブライダル総研 所長)
平山 彩子(『ゼクシィ』編集長)
Natsu.(ウエディングライフデザイナー)
岩岡ヒサエ(漫画家)
■主催: リクルートブライダル総研(株式会社リクルート)
■後援: 公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(BIA)
■協力: 全米ブライダルコンサルタント協会(ABC)
■詳細: https://souken.zexy.net/wedding/gwa2021_about.html


[画像7: https://prtimes.jp/i/11414/1152/resize/d11414-1152-35dd40801ce2cdafd9cb-0.jpg ]

『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートに設置されている調査・研究組織です。恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
http://souken.zexy.net/


▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング