NTTドコモの子育て家族向け知育サービス「dキッズ(R)」にて『スヌーピー for dキッズ』の提供を開始

PR TIMES / 2020年9月28日 15時45分

 株式会社テレビ東京コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大島信彦)は、株式会社NTTドコモの子育て家族向け知育サービス「dキッズ(R)」にて、本日9月28日(月)より『スヌーピー for dキッズ』の提供を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2734/1153/resize/d2734-1153-534297-1.jpg ]

 『スヌーピー for dキッズ』は、スヌーピー達と触れ合いながら様々な遊びのコンテンツを通じて、お子さまの知能を育むお手伝いをさせていただきます。また、「PEANUTS スヌーピー -ショートアニメ-」が見放題! 動画は毎月追加更新される予定です。世界中で愛されるスヌーピーの物語を、ぜひご家族でお楽しみください。

◆「dキッズ」とは
NTTドコモが提供する子ども向けのスマートフォン・タブレット対応の知育サービスです。
「使い過ぎ防止のタイマー機能」「不適切な広告・コンテンツなし」「アプリ内課金なし」であんしんしてご利用になれます。
https://kids.dmkt-sp.jp/
・月額使用料:月額372円(税抜)
 ※初回31日間無料(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金がかかります)
 ※「ドコモ 子育て応援プログラム」ご加入の方は最大13か月間無料となります。
・ドコモのケータイ回線をお持ちでないお客さまでもdアカウントがあればご利用になれます。
 ※「dキッズ(R)」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/2734/1153/resize/d2734-1153-828918-1.jpg ]

◆『スヌーピー for dキッズ』のコンテンツ(一例)
【ケーキを作ろう!】
スヌーピーたちと楽しく食べる為に、ケーキやジュースを準備していくゲームです。
想像力をはたらかせながらデコレーションを工夫する事、人数分の切り分け方などを学ぶ事ができます。

【ぬり絵をしよう!】
パレットから色を選び、画面をタップして完成させるぬり絵です。たくさんの色を試しながら、組み合わせによる印象の変化やその相性などを学べます。完成したぬり絵は保存でき、ぬり替える事もできます。

【スポーツをしよう!】
野球やゴルフなど、タイミングをうまく合わせて、高得点を目指すゲームです。
スヌーピーたちと一緒に挑戦する事で、様々なスポーツに興味を持つきっかけを作ります。

【動画を楽しもう!】
世界中で愛されるスヌーピーの物語を、ご家族でお楽しみいただけます。

【コレクションしよう!】
毎日ログインするたびに1個、可愛いキャラクターの入った王冠をもらうことができます。
日々増えていく王冠を楽しくコレクションしながら、無理なくアプリで遊んでいただけます。

◆コピーライト
 (C) 2020 Peanuts Worldwide LLC

◆「ピーナッツ」とは
チャールズ M.シュルツ氏が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。「ピーナッツ」が7つの新聞紙上でデビューを飾った時でした。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきました。2019年11月1日からAppleTV+で始まった新シリーズ“Snoopy in Space”をはじめ、「ピーナッツ」のアニメーション作品は、特番や帯番組として、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界規模ではYouTubeのWildBrain Sparkのネットワークなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されています。また、世界中のファンの皆様には、多種多様の商品、アミューズメントパークのアトラクション、文化イベント、ソーシャルメディア、そして伝統的な紙媒体からデジタルまで各種媒体で掲載されている連載コミックなどを通して「ピーナッツ」を楽しんでいただいています。さらに2018年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携をしました。このスペース・アクト・アグリーメントは、宇宙探査とSTEMへの情熱を啓発するよう次世代の子供たちに向けてデザインされたプログラムです。「ピーナッツ」のキャラクターおよび関連する知的財産権は、Wildbrainが41%、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが39%、チャールズ M.シュルツ氏のファミリーが20%を保有しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング