パナソニック東京汐留ビル 第14回 空気調和・衛生工学会 特別賞「十年賞」受賞~竣工初年度比50%の省エネを達成~

PR TIMES / 2014年4月15日 18時14分



パナソニック株式会社は、パナソニック東京汐留ビルの竣工以来、10年間にわたる省エネ推進活動により「継続的発展が可能な省エネ」を実現したことが評価され、第14回 空気調和・衛生工学会 特別賞「十年賞」 (※1)を受賞しました。

パナソニック東京汐留ビルは、2003年1月に竣工、同年4月にグランドオープンしました。本ビルは、低層部に大規模ショウルームを併設したオフィスビルで、建築企画段階から、竣工後の最適なビル運営・管理を強く意識して建設しました。今回の受賞は、竣工以来10年間にわたるデータ分析と評価に基づくエネルギーマネジメントの改善活動に組織的に取り組み、エネルギー消費原単位は、毎年連続して前年を下回り、2012年度は、初年度比47.7%の省エネを達成し、さらに契約電力に関しても竣工時比41.3%の削減を実現するなど、「継続的発展が可能な省エネ」を実証、実現したことが高く評価されたものです。
なお、2013年度実績(2014年3月末)では、初年度比50.3%の省エネを達成しました。

今回の受賞は、下記5社の連名による受賞です。
・企画・運営:パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
・設計・検証:株式会社日建設計
・空調施工・検証:高砂熱学工業株式会社
・制御施工・検証:パナソニックESエンジニアリング株式会社
・維持・管理:パナソニックESファシリティマネジメント株式会社

本取り組みは「我慢の省エネを是としない」省エネ手法の有効性を示したもので、他の建物にも水平展開が可能な事例です。パナソニックは今後も本活動を継続するとともに、エネルギーマネジメント事業を通じて継続的発展が可能な省エネの実現に貢献していきます。 

※1:建築設備を長期間にわたり、継続的な調査・改善によって維持管理が行われた業績に対し、運用管理技術の発展と振興を図る目的で、空気調和・衛生工学会が特に優秀な取り組みを表彰する制度。2001年よりこの賞が制定され、毎年1~2件が表彰されています。

▼パナソニックのソリューション【パナソニック東京汐留ビル】
http://www2.panasonic.biz/es/solution-works/shiodome/

【建物名称】パナソニック東京汐留ビル
【所在地】東京都港区東新橋1丁目5番1号
【建築主】パナソニック株式会社(建物所有者:三井住友信託銀行(2013年3月より)
【竣工年月】2003年1月(グランドオープンは、2003年4月)
【主要用途】事務所、ショウルーム、駐車場
【階数】地下4階、地上24階、塔屋2階
【敷地面積】19,708m2
【延床面積】47,308m2

■お問い合わせ先
エコソリューションズ社 マーケティング本部 人事・総務グループ 電話:03-6218-1131(代表 受付 9:00~17:30 平日のみ) 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング