パナホームが『Vieuno Plaza (ビューノ・プラザ)』をオープン 工業化住宅初の7階建住宅や都市型賃貸マンションも提案

PR TIMES / 2014年4月16日 14時44分



パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、このたび、神奈川県川崎市に重量鉄骨の都市型住宅『Vieuno(ビューノ)』の新しい営業拠点として、「Vieuno Plaza(ビューノ プラザ)川崎」を、2014年4月16日にオープン。また、東京都豊島区と中野区に「Vieuno Plaza」を順次、オープンする予定です。

▼「Vieuno Plaza」ホームページ
http://www.panahome.jp/3-4-5story/plaza/

「Vieuno Plaza」は、都市部の防火地域(路線防火地域)の中心部に、3階建から7階建まで建築可能な『Vieuno』の戦略営業拠点として開設。近隣住民を対象に多層階住宅に関しての5つの機能((1)情報発信(2)カウンセリング(3)集客イベント(4)ホスピタリティ(5)コミュニティづくり)を備え、地域密着型営業活動を展開します。

今回、営業拠点の充実に加え、『Vieuno』も大幅に進化させました。4月16日に発売する工業化住宅初(※1)の7階建住宅『Vieuno7(ビューノ セブン)』や、高級感漂う都市型賃貸マンション『Vieuno la Maison(ビューノ ラ メゾン)』を追加ラインアップ。さらに、柱のない大空間提案を充実させるため、工業化住宅最大(※2)となるワイドスパン(柱とばし幅)8100mmも実現しました。

『Vieuno』は、耐力壁のない柱・梁ラーメン構造(※3)の特長を生かし、ライフステージの変化に合わせて建物用途を変更するコンバージョン(※4)も容易です。建物を多層化して高度利用することで、自宅と賃貸・店舗との併用などによる敷地の有効活用を提案。親から子・孫世帯へと建物の価値が受け継がれる、資産価値の高い住まいを実現します。2015年1月に予定されている相続税の税制改正への節税対応にも非常に有効なものとなります。

■背景
神奈川県川崎市は、3階~9階建の新築住宅の着工棟数が2012年度で2015棟となっており、川崎市の全着工棟数において43%を占めています。これは、東京都23区における割合48.4%に迫る数値となっています。とりわけ、「Vieuno Plaza川崎」が開設される川崎区と幸区は、3~9階建が6割以上を占めており、多層階住宅が特に多い地域です。(※5)
また、神奈川県は他のエリアからの転入超過人数が、全国で東京に次いで2位、川崎市においては全国で5位となる転入超過人数の多い地域でもあります。(※6)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング