1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ヘルスケアデータストレージ市場ー配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)、アーキテクチャ別(ファイル、ブロックなど)、タイプ別、システム別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

PR TIMES / 2021年9月23日 10時15分

SDKI Inc.が「ヘルスケアデータストレージ市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月22日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61893



ヘルスケアデータストレージ市場は、2022年に36.6億米ドルの市場価値から、2030年までに93.3億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に14.3%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1178/resize/d72515-1178-c19bab45298671202259-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/healthcare-data-storage-market/61893

ヘルスケア機関で生成されるデジタルデータの量の増加、クラウドストレージソリューションの迅速かつ簡単な展開、およびハイブリッドデータストレージソリューションの採用の増加は、ヘルスケアデータストレージ市場の成長を推進する主な要因です。ヘルスケアデータストレージソリューションを使用すると、ヘルスケア企業はデータを収集、管理、分析できます。これらのデータは、後で意思決定を行い、業務を効率化するために使用できます。いくつかの調査研究によると、ヘルスケアデータは今後数年間で非常に速いペースで増加すると予想されてあり、大量のデータを管理することはヘルスケア業界にとって非常に困難になる可能性があります。これにより、ヘルスケアデータストレージソリューションの需要が生まれると予想されます。これは、予測期間中にヘルスケアデータストレージ市場の成長を後押しします。しかし、クラウドのセキュリティとデータの懸念がヘルスケアデータストレージ市場の成長を妨げる可能性があります。

ヘルスケアデータストレージ市場セグメント

ヘルスケアデータストレージ市場は、配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)、アーキテクチャ別(ファイル、ブロック、オブジェクト)、タイプ別(磁気ストレージ、フラッシュ・ソリッドステートストレージ)、システム別(直接接続ストレージ、ネットワーク接続ストレージ、ストレージエリアネットワーク) 、エンドユーザー別(製薬、バイオテクノロジー、CRO、病院、研究センター)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ファイルセグメントは、2018年にヘルスケアデータストレージ市場の最大のシェアを占めました。

アーキテクチャに基づいて、ヘルスケアデータストレージ市場はファイル、オブジェクト、およびブロックストレージに分割されます。ファイルセグメントは、2018年にヘルスケアデータストレージ市場の最大のシェアを占めました。ファイルストレージは、データの同期、共有、および配布を容易にするため、このアーキテクチャタイプの需要が高まっています。一方、オブジェクトセグメントは、この市場で高い成長を目撃することが期待されます。これは主に、構造化データしか処理できないファイルストレージとは対照的に、大量の非構造化データを処理できるためです。

フラッシュ・ソリッドステートストレージセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予測されています。

タイプに基づいて、ヘルスケアデータストレージ市場は磁気ストレージとフラッシュ・ソリッドステートストレージに分割されます。フラッシュ・ソリッドステートストレージセグメントは、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予測されています。フラッシュ・ソリッドステートドライブの容量は磁気ディスクの容量を超えてきました。さらに、フラッシュドライブ・ソリッドステートドライブの価格も大幅に下落しており、その結果、エンドユーザーによるこれらの採用が増加しています。これらの要因は、予測期間中にこのセグメントの成長を推進しています。

ヘルスケアデータストレージ市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。2018年には、北米地域が市場の最大のシェアを占めており、ヨーロッパがそれに続きます。非構造化ヘルスケアデータの量の増加、と急速な技術の進歩により、北米では安全で信頼性が高く、費用対効果の高いストレージインフラストラクチャに対する需要が高まっています。さらに、北米は高度なデータストレージテクノロジーを早期に採用しているため、ヘルスケアデータストレージ市場で最大のシェアを獲得しています。一方、RoWのヘルスケアデータストレージ市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

ヘルスケアデータストレージ市場の主要なキープレーヤー

ヘルスケアデータストレージ市場の主要なキープレーヤーには、Dell(米国)、IBM Corporation(米国)、NetApp(米国)、Hewlett Packard Enterprise Development LP(米国)、Pure Storage、Inc.(米国)、Hitachi、Ltd.(日本)、Toshiba Corporation(日本)、Western Digital Corporation(米国)、Scality(米国)、Huawei Technologies Co.、Ltd.(中国)、Fujitsu(日本)、Samsung(韓国)、Drobo(米国)、Tintri(米国)、Cloudian(米国)などがあります。この調査には、ヘルスケアデータストレージ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61893

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング