GMOメイクショップ、モバイルEC売上、90.1%がスマートフォン経由

PR TIMES / 2013年4月22日 16時57分

~ スマートフォンの普及に比例し、若年層向けジャンルを中心に需要拡大~

2013年4月22日
報道関係各位

GMOメイクショップ株式会社
================================================================
モバイルEC売上、90.1%がスマートフォン経由
~ スマートフォンの普及に比例し、若年層向けジャンルを中心に需要拡大~
================================================================
 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、メイクショップ)が運営するネットショップ構築サービス「MakeShop(URL:http://www.makeshop.jp/)」は、この度、2012年におけるスマートフォン経由の売上高について調査を実施いたしました。
その結果、2012年の「MakeShop」の全ネットショップにおける年間流通総額982億円のうち、モバイル全体(*1)の流通額の割合が15.4%の151億円、さらにそのうちスマートフォンの割合が90.1%の136億円という結果となりました。

(*1)フィーチャーフォンおよびスマートフォン経由。その他タブレット端末はPCに含まれます。

----------------------------------------------------------------
■スマートフォンユーザーの増加に伴い、スマートフォン経由での
 ネットショップ売上が増加傾向
----------------------------------------------------------------
 2012年のスマートフォンの年間出荷台数は2,848万台で前年比42.1%増の伸び率となり、今後の出荷台数の見通しでは、2013年には3,000万台を超え、長期見通しでは2017年に3,765万台にまで拡大すると予測されており(*2)、引き続き需要が伸びています。また、総務省の発表(*3)によると、フィーチャーフォンユーザーよりスマートフォンユーザーの方が、EC利用についても概ね積極的とされており、スマートフォンユーザーの増加に伴い、購入率の増加に繋がるものと予測されます。
 今回の「MakeShop」の調査結果において、スマートフォン経由の購入がモバイル全体の流通額の9割を超える結果が出ていることからも、今後、さらにスマートフォンからのネットショッピングが増加していくことが予測されます。
なお、スマートフォン経由での購入商品は、ジャンル別で「衣料品」「アクセサリー」「化粧品」が最も高い結果となっています。年代別では、20~29歳での利用率が最も高く、全体の44.9%、次に30~39歳の28.9%となっており、主に若い世代での利用が多い結果が出ています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング