緊急事態宣言発令により影響を受ける求職者、事業者を支援 ディップ、対象事業者の求人特集ページを開始

PR TIMES / 2021年1月14日 15時45分

ディップ株式会社(以下「当社」)は、緊急事態宣言発令により影響を受ける求職者、事業者の一助となるべく、当社が運営する求人情報サービス「バイトル」「バイトルNEXT」にて支援特集(以下「本特集」)を2021年1月13日より開始いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/2302/1183/resize/d2302-1183-131864-0.png ]

<概要>
当社が運営する求人情報サービス「バイトル」「バイトルNEXT」では、新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえた緊急事態宣言の発令により影響を受ける求職者、事業者を支援すべく、「日々の生活を支えるお仕事」「すぐに働けるお仕事」「在宅/リモートワーク」の3特集を設置いたします。
尚、本特集の対象となる事業者は、無償で本特集へ求人情報を掲載いただけます。
・期間:1月13日~2月8日(予定)
・支援対象事業者:各特集内容に該当する求人をもつ事業者
・該当ページ: https://www.baitoru.com/pdt/shien2020all/

1.「日々の生活を支えるお仕事」特集
日々の生活・ライフラインを最前線で支えてくださっている事業者・関係者の方々を応援すべく開設。
医療・介護・福祉、スーパー・コンビニ・ドラッグストア、清掃、コールセンター、製造・物流、金融・公共機関など、感染リスクに配慮しながら日々の生活を支えてくださっている事業者のお仕事を集めた特集ページとなります。

2.「すぐに働けるお仕事」特集
就業機会の減少により収入に影響のある方へ、すぐに働ける仕事を提供すべく開設。

3.「在宅/リモートワークのお仕事」特集
就業機会の減少により収入に影響のある方や、ご自身やご家族の感染などの理由で自宅待機を余儀なくされ出勤が困難になった方へお仕事を提供すべく開設。

当社概要
「私たちdip は夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる」の企業理念のもと、『労働力の総合商社』として、”Labor force solution company”をビジョンに掲げ、人材サービス事業とAI・RPA 事業を提供しています。有期雇用を中心とする人材サービスに従事してきた当社は、誰一人残さない共に生きていく社会づくりこそが、我々が果たすべき社会的使命だと考え、何ができるのかを考え実行し続けてまいります。
社名:ディップ株式会社
代表:代表取締役社長 兼CEO 冨田 英揮
本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
電話:03-5114-1177(代表)
設立:1997年3月
資本金:1,085百万円 (2020年8月末現在)
従業員数:2,234名(2020年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く
事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、RPAサービス「コボット」の開発・提供、他
上場証券取引所:東京証券取引所(市場第一部)
売上高:売上高464億円(2020年2月期)
URL: https://www.dip-net.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング