ゼロエネを超える、先進の創エネ・省エネ・活エネの住まい『BlueEnergy(ブルーエナジー)』新発売

PR TIMES / 2014年4月22日 18時39分



パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)では、このたび、住宅のスマートハウス化をさらに加速させ、ネット・ゼロ・エネルギーを推進していくため、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)仕様をパッケージ化した『BlueEnergy(ブルーエナジー)』ブランドを新規に設定。2014年4月23日より、新たに新商品として発売 いたします。

『BlueEnergy』がもたらすのは、国が2020年に標準的な住宅での実現を目指すZEHを先取りした住まいと暮らし。家全体で使うエネルギーをできるだけ少なく、そして創るエネルギーをできるだけ多くすることで、地球環境と家計にやさしい住まいを実現します。

パナソニックグループの先進的な創エネ・省エネ技術、パナホームが有する高い断熱性能、そして両者の技術の結晶である活エネ技術によって、平均的な太陽光発電システム(4.5kW)の搭載量(※1)でも「実質消費エネルギーゼロ」のくらしが可能となります。

さらに、大容量の太陽光発電システムを搭載した『BlueEnergy』(エコ・コルディス)においては、一次エネルギー収支約300%を達成し、ゼロエ ネを超える、より豊かなくらしを実現。約20年前(1990年代前半)の住宅と比較した場合、光熱費年間27.5万円の削減効果と売電金額を合わせて、年 間72.5万円節約できます。(※2)

▼『BlueEnergy』
http://www.panahome.jp/sumai/blue_energy/

商品名:『BlueEnergy』(ブルーエナジー)
発売開始日:2014年4月23日
対象商品:制震鉄骨軸組構造「カサート」シリーズ(※5)
参考価格:「エコ・コルディス」の場合
代表モデルプラン 建物本体価格2,901万円~(消費税込)
※延床面積127.08平米(38.44坪)・2階建
※太陽光発電11.66kW搭載分含む
※価格は、地域、延床面積および設備・仕様等により異なります
販売地域:北海道、沖縄および一部地域を除く全国
販売目標:初年度1800棟(太陽光発電4.5kW以上搭載の住宅)


■社会背景
家庭部門のエネルギー消費は、生活の利便性・快適性を追求する国民のライフスタイルの変化、世帯数の増加等の社会構造変化の影響を受け、個人消費の伸びと ともに著しく増加しました。1973年度の家庭部門のエネルギー消費量を100とすると、2011年度には208.9となっており、第一次オイルショック 当時に比べて、2倍以上のエネルギーを消費したことになっています。(※3)
こうした状況を背景に、国の政策では住宅のゼロエネルギー化を推進しており、「2020年までに、一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロとなるZEHを、標準的な新築住宅とする」ことを掲げています。(※4)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング