GMOリサーチ、『健康管理に関する意識・実態調査』を実施

PR TIMES / 2013年4月24日 13時11分

~お金・時間をかけず日々の中での取り組みが上位に~

2013年4月24日
報道関係各位

GMOリサーチ株式会社
================================================================
『健康管理に関する意識・実態調査』を実施
~お金・時間をかけず日々の中での取り組みが上位に~
================================================================
 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMO
リサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、
GMOリサーチが保有する日本国内のモニターを対象に「健康管理に関する意識
・実態調査」を実施いたしました。

 ●調査テーマ:健康管理に関する消費者意識について
 ●調査対象:20代~60代の男女 各年代男女100名ずつ 計1,000名
 ●調査期間:2013年3月12日~2013年3月15日
 ●調査方法:インターネット調査(クローズド調査)
 ●調査地域:全国

【背景と目的】
 近年、生活習慣病の予防として食生活改善や日常的な運動など、健康への
関心が高まっていることを受けて、巷には健康に関する様々な種類の情報や
サービス、食品等があふれています。こうした中でGMOリサーチは、消費者の
健康管理に関する意識と実態を把握することを目的にアンケート調査を実施
いたしました。

【まとめ】
---------------------------------------------------------------
■過去一年間の身体の不調について(表1~4)
---------------------------------------------------------------
・身体の不調では、男女合計では「肩や首筋がこる」(37.7%)、「疲れやす
い」(30.8%)が上位となったが、男性だけを見ると「髪の毛が抜けやすい」
(36.4%)、「頭痛が起きる」(32.8%)が多かった一方、女性だけを見る
と圧倒的に「肌が乾燥する」(70.4%)が多く、続いて 「肩や首筋がこる」
(48.6%)、「疲れやすい」(36%)が挙げられた。これにより、男女とも
に上位を占める「肩や首筋がこる」や「疲れやすい」といった症状を訴え
る割合は、圧倒的に女性が多いことが判った。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング