パナソニックLUMIX DMC-GH4とDMC-TZ60が、世界的に権威ある写真・映像関連の賞「TIPAアワード」を受賞

PR TIMES / 2014年4月30日 11時37分



2014年4月23日、パナソニックは世界で最も権威のある写真・映像関連の賞「TIPAアワード」を2部門で受賞しました。LUMIX DMC-GH4が「ハイブリッドフォト/ビデオカメラ 」部門、そしてLUMIX DMC-TZ60が「SUPERZOOMカメラ 」部門で1位を飾りました。

パナソニックコンシューマーマーケティングヨーロッパ のマネージングディレクター・松下理一は受賞にあたり、次のように語りました。

「パナソニックのデジタルカメラが、皆様に最高の写真体験を提供できるよう、私たちは努力を惜しまず尽力してきました。2008年に世界初ミラーレス構造のデジタル一眼カメラ を発表して以来、LUMIX Gでは(レンズ、アクセサリーを含めた)システムトータルでデジタル一眼の新境地を開拓し続け、DSLRシステムと比べ軽量且つコンパクトなボディと、最も幅広いラインアップを誇るDSLMレンズを開発してきました。今回、4K動画記録や高品位静止画撮影ができるカメラを手頃な価格で実現できたことで、一般消費者とプロ向けのビデオカメラの溝を埋めるために私たちが努力してきたことが世界的に有名な協会に認められ、このような賞を受賞できた事を大変嬉しく思っています。

また、TZ60がSUPERSZOOMカメラ部門で最優秀賞を受賞しましたが、高性能コンパクトカメラ市場において、消費者の要望に応え、賞を頂けるカメラを開発するという当社のコミットメントを証明することができ、大変光栄です。改めて、TIPAアワードを決定する世界中の専門家に認められた事を大変嬉しく思っております。」


■LUMIX DMC-GH4

「最優秀ハイブリッドフォト/ビデオカメラ 」を受賞したパナソニックのLUMIX DMC-GH4は、4K技術を駆使したプロフェッショナルクオリティの写真・動画撮影を求める、プロにも愛好家にも理想的なデジタル一眼です。これは、昨年の「最優秀CSC Professional 」賞を受賞したLUMIX DMC-GH3に次ぐ快挙です。

【TIPA審査員コメント】
「パナソニックのGH4は、16MライブMOSセンサーをマグネシウム合金ボディ に収納した、4K動画が撮影できるミラーレス一眼です。また、新開発ヴィーナスエンジンは、4CPUよる高速演算処理 を実現しています。専用のプロ向けワークフローモジュールLUMIX DMW-YAGHを使えば、プロ向けのビデオカメラとしても充分活用でき、 また約12コマ/秒の高速連写、連続撮影可能枚数RAW最大約40枚、JPEG最大約100枚を実現しています。有機ELディスプレイ(OLED)を採用したライブビューファインダーは、高解像約236万ドット、そして背面には、約104万ドットの高精細モニターを採用し、双方共にきめ細かで美しい映像を写し出します。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング