第12回中国化粧品学術研討会において優秀な研究論文として「1等賞」と、「2等賞」2件をトリプル受賞

PR TIMES / 2018年7月5日 16時1分



 資生堂は、中国香料香精化粧品工業協会が主催する、第12回中国化粧品学術研討会(2018年6月26~28日、中国・広東省江門市)における優秀論文として、84件の論文のエントリーの中から1論文に授与される「1等賞」と「2等賞」2件をトリプル受賞しました。当受賞は研究内容に加え、中国化粧品業界の技術進歩への貢献が評価されたものです。また、最も優秀な研究に贈られる「1等賞」については、資生堂として通算6回目の受賞です。これらの最新研究や高い技術を今後も中国専用ブランド「オプレ」や、全世界で展開する「クレ・ド・ポー ボーテ」「SHISEIDO」ブランドなどの化粧品開発へ活用していきます。

 中国香料香精化粧品工業協会(China Association of Fragrance Flavour and Cosmetic Industries, CAFFCI)はエッセンス・香料、化粧品および化粧品の原料、機器、包装、関連研究開発、デザイン、教育などの企業、機関、および個人で構成された非営利団体です。中国化粧品学術研討会は2年に一度開催される、化粧品に関する研究発表と学術討論の一大発表会であり、論文賞には、中国国内外の多くの企業・大学・研究機関が参加し、中国化粧品産業の技術進歩に貢献する優秀な論文が選考されます。
[画像: https://prtimes.jp/i/5794/1199/resize/d5794-1199-308759-0.jpg ]


 6月27日に行われた授賞式では、「1等賞」を受賞した資生堂リサーチセンター 原祐輔が「シワ形成における角層の役割解明と抗シワスキンケアの開発」について論文を発表しました。原は下記のようにコメントしました。
 「このような栄えある賞をいただき、とても嬉しく思います。皮膚にはまだまだ解明されていないことが多くあります。それを少しでも明らかにしていくことによって、お客さまにさらに美しくなっていただけるような価値を生み出せる研究を進めていきたいと思います。」

 なお、「2等賞」を受賞した2件の論文は以下のとおりです。
● 革新的なアンチエイジングスキンケアの開発 - 汗腺の収縮による肌老化メカニズムの発見:「真皮空洞化」 (発表者:資生堂リサーチセンター 江連智暢)
● リンパ管の機能低下が引き起こす皮膚老化メカニズムの解明に基づくリンパ機能を促進する抗老化成分の開発 (発表者:資生堂リサーチセンター 加治屋健太朗)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング