人気ボカロP・みきとP×ネットシーンの歌い手・りぶの名曲「サリシノハラ」「ヨンジュウナナ」を嶽本野ばらが小説化、2015年3月14日発売予定!

PR TIMES / 2014年12月22日 16時31分

アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー



株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーは、人気ボカロP“みきとP”の名曲「サリシノハラ」と「ヨンジュウナナ」の2曲を、『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』などで知られる嶽本野ばらにより『小説・サリシノハラ / 47』(仮題)として小説化します。『小説・サリシノハラ / 47』(仮題)の発売は、2015年3月14日(土)予定です。

小説は、映画化もされ大ヒット作となった『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』、『ミシン』などの話題作を生み、現在までさまざまなテーマに果敢に挑戦し、新作を発表している異才・嶽本野ばらが執筆。楽曲「サリシノハラ」「ヨンジュウナナ」の美しくも儚い恋物語の世界を、日本の少女文化の後継者を自任する嶽本野ばらが表現します。

『小説・サリシノハラ / 47』(仮題)の原作となる人気曲「サリシノハラ」と「ヨンジュウナナ」は、再生数350万回以上となる大ヒットボカロ曲「いーあるふぁんくらぶ」の作者として知られる人気ボカロPのみきとPが、ネットシーン発の「歌い手」として今、最も注目を集める実力派シンガー・りぶへ提供した楽曲です。「サリシノハラ」は、りぶの2012年に発売されたファーストアルバム『Rib on』に収録。同年10月に映像クリエイターCHRISによって制作されたミュージックビデオがニコニコ動画へ投稿されると、「女性アイドルと一般男性の恋」を連想させる歌詞・映像が、その年に実際に起きた某アイドルの騒動を想起させ、ネットシーンのみならず、一般の音楽ファン・アイドルファンを巻き込んで大きな話題となった楽曲です。

また、2014年1月には、男性視点から歌われる「サリシノハラ」に対し、女性アイドルの視点で書き下ろされた楽曲「ヨンジュウナナ」を再びみきとPがりぶへ提供。「サリシノハラ」と同じくCHRISによって制作されたミュージックビデオは再度、大きな注目を浴びました。「ヨンジュウナナ」を収録しているりぶの2ndアルバム『Riboot』は、ネットシーンの「歌い手」としては史上初となるオリコンウィークリーランキング2位を獲得しています。「サリシノハラ」は現在まで、りぶ歌唱ver.・ボーカロイド歌唱ver.を合わせて220万回以上を、「ヨンジュウナナ」もすでに120万回再生される大ヒット曲となっており、二次創作などの派生作品は両曲合わせて4,000件以上誕生しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング