GMOリサーチ、『飲料・ミネラルウォーターに関する実態調査』を実施

PR TIMES / 2013年6月3日 16時8分

~飲料水に対する日中両国の意識の差が明らかに~

2013年6月3日
報道関係各位

GMOリサーチ株式会社
================================================================
『飲料・ミネラルウォーターに関する実態調査』を実施
~飲料水に対する日中両国の意識の差が明らかに~
================================================================
 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMO
リサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、
GMOリサーチが保有する日本のモニターと中国の提携モニターを対象に「飲料
・ミネラルウォーターに関する実態調査」を実施いたしました。

 ●調査テーマ:飲料・ミネラルウォーターに関する実態調査について
 ●調査対象:20代、30代(男女各200名)、40代(男女各100名)
       各国1,000名ずつ 計2,000名
 ●調査期間:2013年4月30日~2013年5月2日
 ●調査方法:インターネット調査(クローズド調査)
 ●調査地域:日本、中国

【調査背景】
 日本では、かつて水やお茶を購入して飲むという習慣がさほどありません
でしたが、今では、様々な種類のミネラルウォーターやペットボトルのお茶
が販売され、飲用する人も増えています。今回、GMOリサーチは、自然環境や
インフラ整備、趣向の違いが表れやすいであろう「水・飲料」に焦点を当て、
中国と比較しながら消費者の実態を把握するアンケート調査を実施いたしま
した。

【調査結果】
------------------------------------------------------
■普段の食生活について(図1)
------------------------------------------------------
・食生活における「飲料」の位置づけを把握するために前提として、「普段
の食生活で気を付けていること」についてアンケートを行ったところ、食
に関する様々な項目で日本人に比べ中国人の方が圧倒的に気を遣っている
ことが判明。食からの健康について中国人の意識の高さが明確となった。

・両国の回答数の差が顕著であったのは「ごはんなどの穀物を意識してたべ
る」(日本:12.1%、中国:57.3%)や、「カルシウムを多く含む食品を食
べる」(日本:8.0%、中国:40.5%)であり、中国は日本の4.5~5倍であった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング