1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「資料デザイン」×「図解化」×「パワポの時短技」と題して、プレゼン資料コンサルタント 市川 真樹 氏によるセミナーを3月30日(火)SSKセミナールームにて開催!!

PR TIMES / 2021年2月17日 19時15分

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年 3月30日(火)にSSKセミナールーム(港区)にて下記セミナーを開催します。

───────────────────────────────
■会場受講
■ライブ配信
■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可)
───────────────────────────────
【大手企業からの依頼が絶えない!現役プロの資料作成術を一挙公開】
見栄えが悪く、文字だらけの資料を劇的改善、オンラインでも成果を上げる!



[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21098

[講 師]
プレゼン資料コンサルタント 市川 真樹 氏

[日 時]
2021年3月30日(火) 午後1時~5時

[会 場]
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
プレゼン資料は、提案力を強化し、成果を上げるためのツールです。
しかし現実には、以下のような理由から、業績に悪影響を与える事態が多く見受けられます。
(1)見栄えが悪い ⇒ 会社や商品のイメージダウン(ブランドの毀損)
(2)文字だらけでわかりにくい ⇒ 一発で理解されず、受注につながらない(売上の減少)
(3)作成に時間がかかる ⇒ 本業に注力する時間を侵食する、残業増加(コストの増加)

本セミナーでは、
●センスに頼らず、短時間で「成果を上げる」資料を作成するには?
●部下の資料を論理的に分析・評価し、「説得力のあるアドバイス」を与えるには?
●オンラインの環境でも、「遠隔の相手を納得させる」資料の見せ方とは?
この3点にフォーカスし、デザイン、図解化、PowerPointの時短技を、体系的に習得いただきます。
また、講師が現役プロの資料作成者であることから、実例を数多く披露するため、プレゼンに勝つ資料を具体的にイメージできます。成約率UP、コンペの勝利、助成金や部門予算を勝ち取るなどのご報告をいただいている、受講者の成果に直結するセミナーです。

1.センスに頼らない!ロジカルデザインの基礎知識
(1)伝わるデザインとは?
(2)ノイズカットとフォーカス
(3)統一感に必要な5要素
(4)レイアウトの3原則

2.文字だらけの資料を「図解化」する方法
(1)要素の置き方で「図解化」する
(2)要素のつなぎ方で「図解化」する
(3)実例紹介とワーク

3.PowerPointの時短技
(1)時短のための初期設定(クイックアクセスツールバー、スライドマスター攻略など)
(2)文章作成のパワポ技(視線の流れ、行間・文字間、箇条書き、書式設定など)
(3)図解作成のパワポ技(スマートアート、アイコン、画像の簡単な加工法など)

4.質疑応答/名刺交換


【当日の持ち物と配付資料】
・当日は、資料で解説する講義ですので、パソコンは不要です。筆記用具のみお持ちください。
・当日の配付資料は、受講後にテキストとしてご活用頂けるような、詳しい内容をご準備いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/32407/1204/resize/d32407-1204-892318-0.png ]


【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: https://www.ssk21.co.jp/

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、
創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する
情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング