1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

映画『正欲』公開記念! 新潮社の映像化作品特集が主要電子書店でスタート。

PR TIMES / 2023年11月10日 15時15分

朝井リョウさん既刊作品の期間限定読み放題も。

映画『正欲』の公開を記念して、新潮社は主要電子書店にて「映画『正欲』公開記念! 新潮社の映像化作品特集」を実施します。
過去に映像化された新潮社の作品がお買い得に。



[画像: https://prtimes.jp/i/47877/1204/resize/d47877-1204-49833b3da102b34c546f-0.jpg ]

■フェア詳細
・フェア名:映画『正欲』公開記念! 新潮社の映像化作品特集
・実施期間:2023年11月10日(金)~23日(木)
・実施書店:DMMブックス/music.jp/楽天kobo/紀伊國屋書店kinoppy/COCORO BOOKS/Amebaマンガ/honto/BOOK☆WALKER/dブック/ブックライブ/auブックパス/Apple Books/Reader Store/ebookjapan/yodobashi.com
※フェアの実施内容・期間は書店により異なります。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

また朝井リョウさんの既刊作品が、Amazonの提供する電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」に期間限定で登場!


■読み放題キャンペーン概要
実施書店:Kindle
実施期間:2023年11月1日(水)~30日(木)
対象作品:『何者(新潮文庫)』
作品URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01916B8TU/


【『正欲』あらすじ】
自分が想像できる“多様性”だけ礼賛して、秩序整えた気になって、そりゃ気持ちいいよな――。
息子が不登校になった検事・啓喜。初めての恋に気づく女子大生・八重子。ひとつの秘密を抱える契約社員・夏月。ある事故死をきっかけに、それぞれの人生が重なり始める。
だがその繫がりは、“多様性を尊重する時代”にとって、ひどく不都合なものだった。
読む前の自分には戻れない、気迫の長編小説。


■著者紹介
岐阜県生まれ。小説家。
『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
『何者』で第148回直木賞、『世界地図の下書き』で第29回坪田譲治文学賞、
『正欲』で第34回柴田錬三郎賞を受賞。
ほかの著書に『どうしても生きてる』『死にがいを求めて生きているの』『スター』などがある。


■書籍データ
【タイトル】『正欲(新潮文庫)』
【著者名】朝井リョウ
【発売日】2023/5/29
【造本】新潮文庫
【定価】935円(税込)
【ISBN】978-4-10-126933-7
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/seiyoku/
電子書籍はこちら:https://ebook.shinchosha.co.jp/book/E056771/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください