発電量トップクラス[住宅用]太陽電池モジュールHIT(R)「244α/250α/ハーフタイプN120α」受注開始~「パワーコンディショナ」 もラインアップを拡充

PR TIMES / 2014年5月14日 14時9分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、さらに出力と変換効率を向上させた住宅用太陽電池モジュールHIT(R)の「244α(アルファ)/250α」と、それと組み合わせる「ハーフタイプN120α」の受注を2014年6月23日より開始します。また、HIT(R)のハーフタイプを自由に組み合わせることができる新製品「屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ 4.6kWタイプ」も同時に受注を開始します。 

▼太陽光発電システム HIT244α/250α/HITハーフタイプN120α 
http://sumai.panasonic.jp/solar/hit20140625.html

国内の住宅用太陽光発電システム市場は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、今後も堅調な需要が見込まれます。また「できるだけ発電量を大きくしたい」というニーズは、戸建住宅のほか、さまざまな建物の屋根で継続するものと考えられます。パナソニックは2014年4月10日に、実用サイズの太陽電池セルの変換効率で世界最高(※5)の25.6% (※6)を研究レベルで達成したことを発表しましたが、常に『性能・品質・信頼性の向上』を追求し、それを太陽光発電システムとしてお客様に提供できるよう取り組んでいます。
このたび、高効率で高温特性にも優れたHIT(R)の新製品として、独自のセル構造や低反射ガラスの改良などにより、さらに出力を向上させた標準サイズモジュール「244α/250α」とそれと組み合わせる「ハーフタイプN120α」を発売します。また、全回路独立動作し、業界トップクラス(※7)の電力変換効率96%(※8)を実現した、住宅用の「屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ 4.6kWタイプ」も発売します。

今回のHIT(R)新製品発売にあたり、モジュールを含むシステム(※9)についてはパナソニックの設置基準を満たす条件であれば、現在の機器瑕疵保証10年を15年に無償で延長するサービスを展開します。さらには、期間限定(受注開始から2014年9月30日まで)の新製品発売記念キャンペーンとして抽選で5万円のキャッシュバックも実施します。
パナソニックはこれからも、高効率なHIT(R)とパワーコンディショナの豊富なラインアップで、お客様のさまざまな形状の屋根で、より大きな発電量を得ることができる太陽光発電システムHIT(R)の商品開発に取り組んでいきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング