いろいろな場面で使える日常会話の基礎をマスター「アルクオンライン日本語スクール」初級者向けのコースをリリース

PR TIMES / 2019年11月13日 12時16分

入門の次のレベル、すぐに使える汎用性の高い日本語を学ぶ

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)より、「アルクオンライン日本語スクール」に、「日本語初級Iコース」を開設したことをご案内申し上げます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/888/1216/resize/d888-1216-557503-0.png ]

「アルクオンライン日本語スクール」に日本語初級レベルの外国人を対象とした「日本語初級Iコース」が加わりました。外国人材を採用している企業の日本語研修のニーズに応えるために開発されたコースです。

■日本語学習経験の浅い外国人材活用の課題
日本では現在、人手不足を補うために外国人材の採用を進めている企業が増えており、日本国内の外国人留学生だけでなく、海外での現地直接採用も拡がってきています。
しかしながら、日本に留学経験がなく、日本語学習経験が浅い外国人材採用の拡大とともに「日本人社員とのコミュニケーションがうまく取れない」、「生活の日本語がわからず、日本になじめない」などの問題から外国人材が孤立するケースも多く見られます。採用後に活躍してもらうためには日本語能力向上のフォローが企業にとって大きな課題となっています。

参考資料:
厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況まとめ」(2019)
日本総研「人手不足と外国人採用に関するアンケート調査」(2019)
DISCO「外国人留学生/高度外国人材の採用に関する企業調査」(2018)

■「日本語初級Iコース」の特長
1)様々な場面ですぐに使える表現から
買い物や交通など生活場面で使える表現だけでなく、職場の同僚との簡単な会話など、様々な場面ですぐに使える汎用性の高い日本語を学びます。

2)STEP式で日本語の基礎文法を習得
コース、レッスンは短い会話→長い会話の順でステップを踏みながら、無理なく日本語の基礎文法を習得できる構成です。基礎文法が身につけば、他の場面でも応用して自分の言いたいことが話せるようになります。

3)自己学習用教材付き
レッスンの予習、復習ができる自己学習用教材を準備。文法や語彙、表現の理解度をクイズで確認できます。間違ったところを何度でも見直すことができ、着実に日本語力を伸ばせます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/888/1216/resize/d888-1216-486968-1.jpg ]

「アルクオンライン日本語スクール」では、新規ご登録の方を対象に、「無料体験レッスン」を提供しております。オリジナル教材を使用し、日本人講師とのマンツーマンのレッスンを体験していただけます。

■オンラインだから、事業拠点が複数あっても研修がしやすい
集合研修を行うには、受講者の日程調整、場所の確保などが必要ですが、アルクオンライン日本語スクールは各受講生が都合のよい時間にレッスンを受講することが可能です。事業拠点が複数ある場合や、参加者の業務の時間の調整が難しくても問題ありません。同じ期間に同じ内容の研修を行うことができます。
また、各受講生の学習進捗はLMSでいつでも確認できます。

<日本語初級Iコース概要>
【サービス提供開始日】2019年10月31日(木)
【レッスン時間】1レッスン 50分
【レッスン料金例(税込)】20回 99,000円(自己学習教材、学習進捗LMS付き)
【レッスン提供時間】午前6時~午後11時(日本時間・レッスン開始時間)
【対象レベル】ゼロレベル-JLPT N5/JSST 2-3 相当
【形式】受講生1人に講師1人の1対1のレッスン
【講師】日本人日本語教師(有資格者で3年以上の経験を持つ講師)
【無料体験レッスン】1回50分間ご受講可能。有効期間はお申込みから2週間。
【使用アプリケーション】Skype
【URL】 https://nihongo.alc.co.jp/

【その他コース】
一般ビジネス日本語コース
ビジネス敬語コース
ビジネスメールコース
日本語入門コース など

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合、安田
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711
https://www.alc.co.jp/company/

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング