1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リクルートグループ、デジタル口座管理・決済ができるサービス 『エアウォレット』を2021年度冬に提供開始

PR TIMES / 2021年9月15日 19時45分



[画像1: https://prtimes.jp/i/11414/1226/resize/d11414-1226-a32768f25a04b719f3b9-0.jpg ]

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)は、株式会社三菱UFJ銀行との共同出資先であり、リクルートの子会社である株式会社リクルートMUFGビジネス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏目 英治、以下RMB)を通じて、日常生活で使用するお金をシームレスに管理・送金できるデジタル口座管理・決済サービス『エアウォレット』を2021年度冬に提供開始いたします。

1. 本件の背景
リクルートは、『Airレジ』『Airペイ』をはじめとした業務・経営支援サービスであるAir ビジネスツールズを通じて、事業領域や産業の垣根を越え、様々なお店が日々の運営のアナログ業務にかかる手間、時間、コストを軽減し、お店を営むオーナーのみなさまが思い描く「自分らしいお店づくり」を支援しています。

昨今加速度的に顕在化した中小個店の抱える課題の1つが、決済をはじめとするお金のやりとりに関わる「手数料負担」にあります。キャッシュレス化の社会的促進に伴い、都度の支払い処理やレジ締めといった日々の業務にとられる時間が短縮できたり、コロナ禍で感染対策としての非接触ニーズ、さらにはコロナ終息後に再び戻ることが期待される外国人観光客の方からのキャッシュレスニーズに応えることができる一方で、一般的に「決済手数料」という形で売上の3~5%をお店側が負担しなければならない状況となっています。また、スタッフの給与支払いや仕入れ先への精算には様々な費用や負担が発生します。

他方、ユーザーの視点では、ここ数年で決済のキャッシュレス化は進みましたが、日常生活における送金・振込や集金などのお金の受け渡しは依然として現金を利用するケースがあり、そうした一連のお金のやりとりをシームレスにする余地があると考えています。また、既存の決済サービスの機能は日々便利になっているものの、利用シーンが限定的であったり、全体的なお金の動きを管理するのは難しい部分があるのが現状です。

これらのお店とユーザーの方々が抱える両方の課題解決を目指して、『エアウォレット』の提供開始に至りました。


2. 『エアウォレット』の詳細
『エアウォレット』は、RMBが提供するデジタル口座の管理や、送金・キャッシュレス決済がワンストップで完結できるスマホアプリです。三菱UFJ銀行をはじめとする様々な銀行の預金口座とデジタル口座を連携させることで、銀行預金口座とデジタル口座間での入出金や、アプリ間での送金・受け取りをシームレスにご利用いただけます(注1)。

注1:三菱UFJ銀行の銀行預金口座をご利用の方のデジタル口座間での入出金手数料は無料となります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11414/1226/resize/d11414-1226-b43542ed86775461ed77-1.png ]

また、『エアウォレット』には、同じくRMBが提供する決済ブランド「COIN+」(コインプラス)での支払い機能を組み込みます。ユーザーの皆様は、「COIN+」の加盟店にてデジタル口座内のお金でQR決済をご利用いただけます。加盟店の皆様においては、決済手数料を0.99%(税抜)に設定していることから、手数料負担を抑えることが可能です。

『エアウォレット』はユーザーの皆様向けに2021年度冬にサービス提供を開始する予定です。


なお、「COIN+」は『エアウォレット』だけでなく、様々なアプリに組み込むことができ、今後小売・飲食企業様といった様々な領域の事業の方との連携も推進してまいります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/11414/1226/resize/d11414-1226-d36253ac0db25c2f2893-2.png ]



3. 決済サービス『Airペイ』(注2)での取り扱い開始
『エアウォレット』を含む、今後の「COIN+」を搭載した決済サービスについては、全て弊社が提供する『Airペイ』にて対応可能となります(利用申し込みが必要)。本日より、全国の『Airペイ』加盟店様約22万店に対し、ご案内をさせていただき、順次利用可能となります。

注2:『Airペイ』は、カード・電子マネー・QR・ポイントも使えるお店の決済サービスです。iPadまたはiPhoneと専用カードリーダー1台があれば、全37種の決済手段に対応できます。 2015年10月にサービス提供を開始し、2021年6月末時点で加盟店舗数は22.8万(※1)を超え、利用者の総合満足度No.1(※2)のお店の決済サービスです。加盟店舗数は拡大を続けており、美容、飲食、小売、サービスなどの幅広い業種に加え、地方自治体と包括連携協定を結ぶなど、全国各地で導入が進んでいます。
『Airペイ』さえあれば、主要国際ブランドのクレジットカードや交通系電子マネーはもちろん、「iD」「QUICPay」「Apple Pay」などの電子マネーや「PayPay」「d払い」及び訪日外国人向けの「支付宝(アリペイ)」などのQR決済、そして「Tポイント」「Ponta」「dポイント」などの共通ポイントまで、お客様の望む決済手段に対応できます。手数料は業界最安水準。入金回数は3~6回で、月額固定費・振込手数料は0円です。導入したお店からは、「操作がカンタンで入ったばかりのアルバイトでも使えた」「カードの決済額が1年で10倍近く増えた」「カードリーダーひとつで対応できるのでレジ周りもスッキリした」などの声をいただいております。さらに、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』と一緒に使うと、会計時の対応は決済手段をタップするだけで選択でき会計作業がより便利になります。決済手段ごとに異なる操作方法を覚える必要もなく、二度打ちによるミスも発生しません。
私たちは、お店を営むオーナーのみなさまが思い描く「自分らしいお店づくリ」をこれからも支援し続けます。
※1:自社調べ(2021年6月末時点)
※2:調査主体:(株)リクルートライフスタイル、調査機関:(株)インテージ(2020年2月19日時点) 調査対象商品:国内店舗で利用可能なキャッシュレス決済端末(マルチ決済)


4. 株式会社リクルートMUFGビジネスの会社概要
会社名:株式会社リクルートMUFGビジネス
設立:2019年12月20日
資本金:1億円
事業内容:デジタル口座管理・決済サービス『エアウォレット』、決済ブランド「COIN+」の提供
所在地:東京都中央区八重洲2-4-1 住友不動産八重洲ビル 5階
   (登記上本社)東京都中央区銀座8-4-17
株主:株式会社リクルート、株式会社三菱UFJ銀行
HP: https://www.recruitmufgbiz.co.jp/


▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング