1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

加藤シゲアキ×Aマッソ・加納愛子、「小説新潮」で初のロング対談が実現! 舞台に立つ二人が語る創作論、そして意外な共通点とは?

PR TIMES / 2023年11月23日 13時15分

新作の話から、創作論、そして芸能界を志す以前の秘話まで。お互いにリスペクトを公言する二人が、縦横無尽に語りつくしました!

Aマッソ・加納愛子さんの最新エッセイ集『行儀は悪いが天気は良い』の刊行を記念し、「小説新潮」2023年12月号の誌面で加藤シゲアキさんとの対談が実現しました!



[画像1: https://prtimes.jp/i/47877/1229/resize/d47877-1229-ac67dba88c0bfc9b3a7a-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/47877/1229/resize/d47877-1229-f7edb61575e4273cf690-1.jpg ]



3年連続で「女芸人No.1決定戦 THE W」のファイナリストになっただけでなく、テレビ・ラジオ・YouTubeなど多ジャンルで活躍し、幅広い層から人気を得ているお笑いコンビ・Aマッソ。そんなAマッソのネタ作りを担当している加納愛子さんは、エッセイ集『イルカも泳ぐわい。』(2020年)、小説集『これはちゃうか』(2022年)とこれまで2冊の著作を刊行し、その鋭いワードセンスと視点、キレキレの文章に、どちらも大きな話題を呼びました。そんな加納さんの待望の最新エッセイ集『行儀は悪いが天気は良い』(2023年11月16日に新潮社より刊行)は発売前から話題を呼び、予約が殺到。急遽、当初予定していた部数に上乗せした初版部数となるなど、読者からの熱い注目を集めています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/47877/1229/resize/d47877-1229-278d8c6a0d7d91a04a7d-2.jpg ]




そして、11月22日に発売された「小説新潮」12月号では、「NEWS」のメンバーとして活躍しながら、作家としても精力的な活動を続ける、加藤シゲアキさんとの対談が実現しました。
加納さんが思わず「エグかった」と感想を漏らした、加藤さんの最新小説『なれのはて』(講談社刊)にまつわる創作秘話を皮切りに、ネタ・エッセイ・小説と、お互いの創作論が白熱。さらにはエッセイに収録された、加納さんの「映画館デート」のエピソードを読んだ、加藤さんの意外すぎる感想まで。互いの作品のファンであることを公言するお二人が、「原体験」と「現在地」を語り尽くします!



■『行儀は悪いが天気は良い』内容紹介
何にでもなれる気がした「あの頃」を綴った、Aマッソ加納、待望の最新エッセイ集!
[画像4: https://prtimes.jp/i/47877/1229/resize/d47877-1229-aa22372d7b09999dbb82-3.jpg ]

実家に出入りしていたヤバいおっちゃんたち、突然姿を消した憧れの同級生の行方、「天職なわけではない」と言い切る芸の世界を志した理由、「何かを失った人間の中で一番最強」な親友・フワちゃんの素顔……。生まれ育った大阪から多感な学生時代、芸人としての日常まで、懐かしくて恥ずかしくて、誇らしくて少し切ない24編を収録。


■加納愛子さんからのコメント
あの頃のあれやこれや、原点、そこからつながる今を、自分の機嫌を最優先して綴りました。みんな読んでね。あと、全本屋さん置いてね。天国に本屋さんあったらそこも置いてね、さくらももこさん来てくれへんかな。




■目次
まえがき 
思い出のおっちゃんたち 
ポケットの碁石 
中華にまつわるエトセトラ 
あるいは、くーちゃんの思い出に寄せて 
9歳の衝撃 
最高の仕事 
帰りたくない 
「ことな」の魔法 
トマトとミンチ肉 
青春 
私とM-1、どっちが大事なん? 
友だち 
卒業までの4ヶ月 
将来の夢なに? 
自分の部屋が欲しい 
喫茶店 
ねこが好き 
商店街 
汽車に乗って 
親父が倒れた 

挨拶と笑い 
新宿駅の全貌 
魂の居場所 
書き下ろし1.
あとがき

■本書から5編、こちらから試し読みできます
・「思い出のおっちゃんたち」https://www.bookbang.jp/gyoten/article/81
・「友だち」https://www.bookbang.jp/gyoten/article/250
・「最高の仕事」https://www.bookbang.jp/gyoten/article/174
・「9歳の衝撃」https://www.bookbang.jp/gyoten/article/183
・「魂の居場所」https://www.bookbang.jp/gyoten/article/319

■著者紹介:加納 愛子(カノウ・アイコ)
1989年大阪府生まれ。2010年に幼馴染の村上愛とお笑いコンビ「Aマッソ」を結成。エッセイ集『イルカも泳ぐわい。』、小説集『これはちゃうか』が話題を呼ぶなど、いまもっとも新作が待たれる書き手の一人。

■書籍概要
タイトル:行儀は悪いが天気は良い
著者名:加納愛子
判型:四六判(208ぺージ)
本体定価:1,400円
発売日:2023年11月16日
ISBN:978-4-10-355371-7
URL:https://www.shinchosha.co.jp/book/355371/

「小説新潮」2023年12月号
11月22日(水)より発売中 定価 1000円(本体909円)
内容: 『行儀は悪いが天気は良い』刊行記念対談 
加藤シゲアキ×加納愛子「じぶんの居場所のつくりかた」カラー12ページ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください