1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

リスクベース認証市場ーコンポーネント別、テクノロジータイプ別(MFA、行動バイオメトリクス、WAM)、アプリケーション領域別、展開モード別、業種別、および地域別ー世界的な予測2030年

PR TIMES / 2021年9月30日 21時45分

SDKI Inc.が「リスクベース認証市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月30日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61535



リスクベース認証市場は、2022年に37.7億米ドルの市場価値から、2030年までに133.5億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に19.8%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1232/resize/d72515-1232-a9222525638240c6555d-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/risk-based-authentication-market/61535

サイバー攻撃やデータ侵害の増加するインスタンスからインフラストラクチャを保護することへの企業の関心の高まり、とモビリティソリューションとBYODトレンドに対する需要の高まりは、リスクベース認証市場の成長を牽引する主な要因です。また、世界中の組織間の広範なデジタル化は、リスクベース認証市場の成長に貢献すると予想されます。さらに、迅速なワークフローと作業プロセスの分析を可能にする自動化ソリューションの採用の増加、および従来のストレージと分析からクラウドベースのインフラストラクチャとストレージテクノロジーへの移行の増加は、リスクベース認証市場の成長を牽引しています。リスクベース認証の使用を促進するいくつかの地域にわたる政府は、リスクベース認証市場の成長の機会をさらに生み出しています。しかし、熟練したセキュリティ専門家の不足と企業での事前計画は、リスクベース認証市場の成長にとって重要な課題です。

リスクベース認証市場セグメント

リスクベース認証市場は、コンポーネント別(ソリューション、サービス)、テクノロジータイプ別(多要素認証(MFA)、行動バイオメトリクス、Webアクセス管理(WAM))、アプリケーション領域別(不正防止、IoTセキュリティ、クラウドアプリケーションセキュリティ)、展開モード別(クラウド、オンプレミス)、業種別(BFSI、政府、ヘルスケア、製造、小売、通信、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ソリューションセグメントは、予測期間中に大きな市場規模を保持すると予想されます。

コンポーネントに基づいて、ソリューションセグメントは、予測期間中に大きな市場規模を保持すると予想されます。リスクベース認証ソリューションは、企業がIDのセキュリティを向上させ、企業と個人の両方のデータを潜在的に有害なIDの盗難から保護するのに役立ちます。これらの要因がこのセグメントの成長を推進しています。

多要素認証(MFA)セグメントは、2018年に最大の市場規模を占めました。

テクノロジータイプに基づいて、MFAセグメントは、リスクベース認証ソリューション市場の成長に大きく貢献しています。MFAでは、ログインまたはその他のトランザクションでユーザーのIDを確認するために、ユーザー資格情報の独立したカテゴリからの複数の認証方法が必要です。これには、暗証番号(PIN)、ワンタイムパスワード(OTP)、生体認証ID、セキュリティトークンなどが含まれます。MFAは、組織が機密性の高いビジネス情報への不正アクセスを防止し、従業員と顧客のデータのセキュリティを維持するのに役立ちます。これらの要因がこのセグメントの成長を推進しています。

リスクベース認証市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域(APAC)のリスクベース認証市場は、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。この成長は、中国、オーストラリア、インド、シンガポール、日本などの主要なAPAC諸国の組織が、機密情報を不正アクセスから保護するための高度なセキュリティ支出に起因しています。一方、北米地域はセキュリティ技術を早期に採用しているため、2018年に最大の市場規模を保持しました。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

リスクベース認証市場の主要なキープレーヤー

リスクベース認証市場の主要なキープレーヤーには、IBM(米国)、CA Technologies(米国)、Micro Focus(英国)、Okta(米国)、Gemalto(オランダ)、OneSpan(VASCO Data Security米国)、SecureAuth(米国)、RSA Security(米国)、ForgeRock(米国) 、Entrust Datacard(米国)、Ping Identity(米国)、LexisNexis(米国)、OneLogin(米国)、GURUCUL(米国)、Centrify(米国)、Equifax(米国)、Crossmatch(米国)、BioCatch(イスラエル)、Oracle(米国)などがあります。この調査には、リスクベース認証市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61535

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング