全仏オープンテニスに挑む森田あゆみに独占インタビュー!本日「全仏オープンテニス」1回戦に出場!・・・WOWOWで生中継

PR TIMES / 2012年5月29日 19時17分



フランス・ローランギャロスで開幕した2012年のグランドスラム第2戦「全仏オープンテニス」(WOWOWで6月10日(日)まで連日生中継)。大会第3日目(5月29日)に行われる女子シングルス1回戦で、ボローナ・ハーコック(スロベニア)と対戦する森田あゆみ選手に、WOWOWが現地にて独占インタビューを行った。


Q:ストラスブール国際でのベスト8進出おめでとうございます。この結果には満足していますか?

森田:準々決勝もチャンスが全くなかったわけではなかったので、もっと上を目指していきたかったです。でも今年に入ってなかなか結果がついてきていない中で、久しぶりにいい試合が2試合できたし、自分よりランキングが上の選手に勝つこともできたので、自信も得た大会でした。この全仏オープンに向けていい準備ができたかなと思います。

Q:どういった部分がよかったのでしょうか?

森田:サーブもフォアもバックも全部自信をもって振れていたのと、動きもやっとクレーコートに慣れてきて、今までやってきたことが噛み合って結果に繋がったので、全仏も楽しみです。

Q:今、課題として力を入れて取り組んでいるところはどこでしょうか?

森田:自分と対戦する相手選手は、早いラリーに持ち込ませないように、上に逃げてきたり、スピンの効いたボールを自分のバックハンドにあわせてくることが多いので、それに対して軽いボールにならないように、バックの高いところにきてもしっかりボールが打てるように高いボールの練習は凄くやっています。

Q:初戦の相手はボローナ・ハーコック選手です。フェドカップでも対戦している選手ですが、どういった印象をお持ちでしょうか?

森田:クレーコートが一番得意な選手ですね。あとは身長もあってサーブのいい選手で、特にセカンドもスピンサーブがすごくいいので、自分がまずいいリターンを打って、互角のラリーに持ち込めるようにリターンを頑張ろうと思っています。あとは、相手に先に展開されてスピンの効いたボールを何球も打たれると辛くなるので、自分がラリーの主導権を持っていけるように頑張って、ストロークは自分がコートの中に入っていけるようなプレーをしたいな、と思っています。

Q:2回戦に進出するとマリア・シャラポワと対戦する可能性もあるのですが、意識はしていますか?

森田:1度も対戦したことがないので、戦ってみたい気持ちはもちろんありますし、特に今年はクレーでも優勝してきて調子もいいようですし、見ててやっぱりすごいなと思うので、やりたい気持ちはあります。けれどやはり1回戦の相手もタフなので、まずは初戦をしっかり頑張って勝って、シャラポワと対戦できるように頑張りたいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング