dヒッツ「#音楽のある生活」に滝沢カレンが登場!~芦沢ムネト、信太美月、岡宗秀吾、岡部大(ハナコ)、瀬戸あゆみ、ゆってぃ、稲田直樹(アインシュタイン)が好きなアーティストを紹介!~

PR TIMES / 2020年3月25日 11時35分

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役社長:加藤裕一、以下:レコチョク)は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供する定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク」(以下:「dヒッツ」)にて、著名人が、好きなアーティストと自身が選曲したオリジナルプレイリストを紹介する連載企画「#音楽のある生活」を展開しています。



[画像: https://prtimes.jp/i/2747/1235/resize/d2747-1235-797775-0.jpg ]



dヒッツ連載企画「#音楽のある生活」  https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/


「#音楽のある生活」は、さまざまな分野で活躍する著名人が、好きなアーティストとの出会いや好きになったきっかけ、思い入れのある楽曲などについて語り、自身が選曲したプレイリストを紹介する連載企画です。

これまで、芹沢ムネト(パップコーン、元「SCHOOL OF LOCK!」3代目教頭)がくるり、信太美月はiri、岡宗秀吾(TVプロデューサー)がチェッカーズ、岡部大(ハナコ)がnever young beach、瀬戸あゆみがTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ゆってぃがJack Johnson、稲田直樹(アインシュタイン)がL'Arc~en~Ciel、そして、滝沢カレンがMrs. GREEN APPLEをそれぞれ紹介。

さらに、特集ページではアーティスト愛溢れるインタビューとともに、関連した貴重な思い出の写真、愛情たっぷりの動画コメントもご覧いただけます。

本日公開された滝沢カレンの「#音楽のある生活」では、Mrs. GREEN APPLEとの出会いについて、
「アプリで音楽を聴いてたら、あなたが好きかも?ってオススメの曲が流れてきて、それがMrs. GREEN APPLEさんの曲だったんです。「Speaking」っていう曲だったんですが、それを聴いて一気に好きになりました。他の曲も全部聴いてみたら、これは合わないな、っていう曲が一曲もなくて。全部好き。私はそれまで、特別好きなアーティストさんっていうのはいなかったんですけど、ミセス(=Mrs. GREEN APPLE、以下同)さんは、全曲知りたい、ライヴに行きたいって思ったはじめてのグループなんです。たぶん、芸能界ではミセス好きの1位だと思いますし、みんなと共有したいものナンバーワン!」
と、独特なワードセンスで語っています。

他にも、Mrs. GREEN APPLEを初めて知る人にまず聴いてほしい曲、普段、音楽を聴く時間や場所なども披露。
ぜひ、プレイリストを楽しみながら、特集ページもご覧ください。

「#音楽のある生活」はdヒッツ会員でなくても、スマホ、パソコン、どちらからでもご覧いただくことができ、楽曲の試聴も可能です。dヒッツでは、今後もさまざまな企画を通じて、新しいアーティストや心を動かす音楽・楽曲との出会いの機会を提供していきます。ぜひ、お楽しみください。

【dヒッツ連載企画「#音楽のある生活」プレイリスト紹介】  https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/


『Vol.1気づいたらくるり好きになる16曲 selected by 芦沢ムネト』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000001
前半はくるりの音楽性の幅を見せる感じで、そこから僕が好きなマニアックな曲にいって、「東京」で締める!  ひと通り聴いていくと「この味じゃないとダメになっちゃいました」っていうことになると思う。

『Vol.2 ただただ好きなiriの曲 selected by 信太美月』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000002
私なりのダイジェストだし、 ライヴの流れみたいなところも意識して並べてみたので、とりあえず一回は通して聴いてほしいです!


『Vol.3 僕の人生を変えた憧れのチェッカーズ selected by 岡宗秀吾』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000003
いまだに(歌詞など見ずに)空で歌える曲ばかりですね。 まあ、他にも空で歌える曲はいっぱいあるんですけど(笑)。 入口として、より入りやすい曲を中心に選んでみました。


『Vol.4 岡部's BEST selected by 岡部大(ハナコ)』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000004
なにから聴こうかなあっていうとき、 このへんの曲から聴くことは多いですね。 たぶん、再生回数が多い順番になってるんじゃないかなと思います。 シャッフルして楽しんでください。

『Vol.5 憧れの先輩!THEE MICHELLE GUN ELEPHANT selected by 瀬戸あゆみ』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000005
本当によく聴いていて、 メジャーな曲とそうでもない曲関係なく、 この曲好きだなあ、歌詞が素敵だなあっていうものを選びました。


『Vo.6 朝食時にどうぞ! selected by ゆってぃ』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000006
このプレイリストは、僕がJack Johnsonの曲を全部シャッフルで聴いていたときに、流れてきた順に「これいいよね」と思った曲を入れていきました。 Jack Johnsonってライブもゆるくて、出番も曲順も自由で、あんまりそのあたり意識していないんじゃないかな?と思っていて。だからプレイリストを作ろうって考えても、「この曲のあとは必ずこれ」という感じがないんですよね。どれもおすすめです!


『Vol.7 『IN'Ada~en~Ciel』 selected by 稲田直樹(アインシュタイン)』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000007
「もしライブでこの曲順だったらいいなあ」っていう、“理想のセットリスト”として考えました。
まずイントロから楽しげな「SEVENTH HEAVEN」、次に激しめの「HEAVEN’S DRIVE」、そして「Driver’s High」。この3曲で始まるんです。この3曲を勝手に “SEVENTH HEAVEN’S Driver’s High(セブンス ヘブンズ ドライバーズ ハイ)”って呼んでるんですけど、流れがすごくいいんです。


『Vol.8明日の活力 selected by 滝沢カレン』

https://selection.music.dmkt-sp.jp/music-life/10000008
これ以上に好きな曲もいっぱいあるので、思い出した順に書き出しました。 『Mrs. GREEN APPLEの歌は、明日につながる架け橋』 今日聴いたものが今日っていうよりは、明日の活力につながりますね。ミセスでエンジンがかかる。ミセスと出会うまでは、ひとりで悩んでひとりで解決して、ひとりで次の一歩に出るっていう性格だったんですけど、ミセスと出会ってからは、曲が勝手に私の思いを吸い込んでくれてラクにさせてくれます。

【dヒッツpowered by レコチョク】
「dヒッツ」は、2012年7月にサービスをスタートし、月額500円 (税抜)※ で最新楽曲や音楽以外のコンテンツを含む6,000以上のプレイリストを、いつでも好きな時に好きなだけお聴きいただける定額制音楽配信サービスです。他キャリアのスマホ、一部タブレット、PCでご利用いただけます。さらにAmazon EchoなどのAmazon Alexa搭載デバイスや Google Homeなどの Google アシスタント対応デバイスでもご利用可能です。
また、アプリでは「ホーム」という音楽との「出会い」の場を提供しています。お客様個人の趣味に合わせた「あなたにおすすめ」や新着/ランキングなど、流行の音楽を楽しみながらも、自分好みのプレイリストや楽曲を聴くことが可能です。
※.別途、パケット通信料がかかります。
※一部ご利用いただけないキャリアもございます。
※一部ご利用いただけないデバイスもございます。
Androidアプリは「Google Play」、iOSアプリは「App Store」にて「dヒッツ」をダウンロードしてください。
詳しくは「dヒッツ」サイトをご確認ください。 https://selection.music.dmkt-sp.jp/
※「dヒッツ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※Amazon、Echo、Alexaは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の登録商標です。
※Google、Google Home、Google Home Mini、Google Play、Androidおよびその他のマークは、Google LLC の商標です。
※「iOS」は、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※「App Store」はApple Inc.のサービスマークです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング