『オークラフロンティアホテルつくば』が『ホテル日航つくば』、『ホテルJALシティつくば』として2020年4月1日にリブランドオープン

PR TIMES / 2019年8月2日 7時40分

「オークラフロンティアホテルつくば」が、2つのブランドでオープン

 株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田敏宏)の子会社でホテル運営会社である株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マルセル・ファン・アルスト)は、同社が運営する『オークラフロンティアホテルつくば』(所在地:茨城県つくば市、総支配人:高田浩)について、つくば駅に隣接したメインビル『オークラフロンティアホテルつくば 本館』を『ホテル日航つくば』に、国際会議場に直結した『オークラフロンティアホテルつくば エポカル館』を『ホテルJALシティつくば』にそれぞれリブランドし、2020年4月1日にオープンすることといたしました。

 この度のリブランドでは、同ホテルがオークラフロンティアブランドとして2001年の開業以来、築いてきた経験と信頼をもとに、それぞれの施設の特徴を最大限に発揮できるブランドへ転換することを通じ、更なるサービスの向上を実現してまいります。


 つくば駅に隣接し、総客室164室、レストランおよび多数の宴会場・会議室等を擁する本館は、「ホテル日航つくば」として、ホテルニッコーブランドの親しみあるサービスを強化し、国際都市つくばに相応しい地元に根差したお客様サービスを追求してまいります。

 また、総客室186室を擁する宿泊主体型の施設であり、かつ国際会議場に直結し、ビジネスのご利用に最適であるエポカル館は、「ホテルJALシティつくば」として、JALのネットワークを活かした集客を強化するとともに、QRコードを使用したクイックチェックイン・チェックアウトシステムを導入する等、お客様の宿泊時の利便性の向上を図ってまいります。

 また、リブランド後も、引き続き、株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントが両ホテルの運営を行い、同社が運営する会員プログラムであるOne Harmonyも、変わらず提供してまいります。


 なお、『オークラフロンティアホテルつくば』のリブランドをもって、オークラフロンティアブランドでのホテル運営は終了いたします。今後、当社グループは、「オークラ ホテルズ & リゾーツ」としては、オークラ ヘリテージ、オークラ プレステージ、ホテルオークラの3つのブランドを、「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」としては、グランドニッコー、ホテルニッコー、ニッコースタイルの3つのブランド、これに「ホテルJALシティ」を加え、合計で7つのホテルブランドを運営していくことになります。


【ホテル施設概要】
ホテル日航つくば (現オークラフロンティアホテルつくば 本館)
所在地:茨城県つくば市吾妻1-1364-1
延床面積:18,600平方メートル
階数:11階
客室数:164室
施設:宴会場・会議室 13、レストラン 3(うちテナント1)、チャペル、神殿、屋内プール
アクセス:つくば駅A3出口より徒歩2分

ホテルJALシティつくば (現オークラフロンティアホテルつくば エポカル館)
所在地:茨城県つくば市竹園2-20-1
延床面積:7,042平方メートル
階数:11階
客室数:186室
施設:レストラン 1(テナント施設)
アクセス:つくば駅A3出口より徒歩8分


<株式会社ホテルオークラ / 株式会社オークラニッコーホテルマネジメント 会社概要>
株式会社ホテルオークラは1958年に設立、1962年にフラッグシップホテルである『ホテルオークラ東京』を開業しました。資本金30億円、「Best A.C.S.」(A:Accommodation、C:Cuisine、S:Service=最高の設備、最高の料理、最高のサービス)を企業理念とし、現在では、ホテル事業の開発、ホテル資産の保有をはじめ、子会社・関連会社を通じて、宿泊・飲食事業の経営、ホテルチェーン運営等、幅広く事業展開しています。
 ホテルオークラは、日本国内だけではなく海外の国々と質の高いグローバル・ネットワークを築いてきました。日本文化のきめ細かな心くばりとヨーロッパやアメリカの機能性を融合させた「オークラ」のおもてなしは、世界中の皆様にくつろぎと快適な空間を提供いたします。

 株式会社ホテルオークラの子会社である株式会社オークラ ニッコー ホテルマネジメントでは、「オークラ ホテルズ & リゾーツ」「ニッコー・ホテルズ・インターナショナル」「ホテル JAL シティ」の3つのグループを運営しており、現在、国内45、海外25の合計70ホテル、総客室数22,158室を展開しています。
(2019年8月1日現在)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング