ウィンブルドンテニスに挑むクルム伊達公子に独占インタビュー!本日、女子シングルス1回戦に登場!・・・WOWOWで生中継

PR TIMES / 2012年6月26日 17時30分



イギリス・ウィンブルドンで開幕した2012年のグランドスラム第3戦「ウィンブルドンテニス」(WOWOWで7月8日(日)まで連日生中継)。大会第2日目(6月26日)に行われる女子シングルス1回戦で、カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)と対戦するクルム伊達公子選手に、WOWOWが現地にて独占インタビューを行った。

Q:今年もウィンブルドンへやってきましたが、気分はいかがですか?

伊達:ウィンブルドンが特別な場所という気持ちはずっと変わらないですし、昨年の思い出深い記憶も残っているので、2012年もここに帰ってくることができてとても嬉しいです。また、この青々とした芝生を見ると気分も高まってくるという気持ちです。


Q:久々にこの舞台で勝利を収め、さらにビーナス・ウィリアムズといい試合をした、昨年の手応えは残っていますか?

伊達:再チャレンジを始めて4年が経ちましたが、調子が良い時も少なく、年齢って厳しいのかなと思ったり、回復が追いつかなくて落ち込むこともありました。でもそういった中で、芝の女王と呼ばれているビーナスを、あと一歩まで追いつめることができたので、自分にエネルギーと大きな自信を与えてくれる試合でした。


Q:それから1年が経ち、全仏オープンも終わりましたが、痛めた足の調整はいかがですか?

伊達:全仏で痛めた足がそれ程ひどいものという意識はありませんでしたが、実際に治療を続けていく中で、思っていたよりは治すのに時間がかかってしまいました。実際に動き始めてからは回復の度合いも高まってきて、違和感はほぼなくなりました。不安な要素も、日を追うごとに消えているという印象です。


Q:足を痛めた時は深刻だと思われましたか?

伊達:痛めた時は、筋肉を引っ張ってしまった瞬間もなかっただけに、少し休めば1~2週間でコートに戻れると思っていました。でも蓋を開けてみると、2週間でまだプールの中でリハビリをしている状態だったので、傷は小さかったのですが治りが遅かったという印象です。


Q:実際にウィンブルドンの芝で動いてみて、不安は払拭されましたか?

伊達:ここに入ってきた時はまだ選手も少なかったので、コートも良い状態でイレギュラーに苦しめられることもなく、足への負担がない中でスタートできたと思います。これから試合の動きになったり、芝が痛みイレギュラーが多くなった時に、耐えられるだけの足になっているかは始まってみないと分らないです。


Q:1回戦が近づいてきましたが、どのような気持ちですか?

伊達:残り数日となって、気持ちが試合モードになりつつあります。その一方で、残り少ない時間の中で、足を完全なところまで回復できるかという不安も抱えています。とにかく少しでも良い状態で1回戦を迎えたいという気持ちで一杯です。


Q:相手のボンダレンコの印象はいかがですか?

伊達:もともと実力者ですし、ビッグサーブもパワーも持っているので、できるだけ彼女が嫌がるテニスをこの芝の上でやりたいと思います。パワーにパワーでぶつかるのではなく、どのように相手のパワーを出させないようプレーするかを考えながら、試合に挑みたいと思います。


Q:今年はこのウィンブルドンの会場がオリンピックの舞台になります。今シーズンはオリンピックを視野に入れた戦いになっていますか?

伊達:エントリー締め切りだった6月11日までは、少しでも可能性があるならばという思いでやってきましたが、現時点では自力でのエントリーは不可能だったので、後はワイルドカードリクエストの結果を待つのみです。もちろん、芝生で、41歳で、出られるならばという気持ちは今年に入って少しずつ大きく強くなってはいました。今できることは、自分の目の前にあるウィンブルドンで、なんとかベストのテニスに近づけるようプレーをするだけです。


Q:41歳で迎える今回のウィンブルドンをどういった大会にしたいですか?

伊達:私にはこの後チャンスが5回も10回もある訳ではありません。年々と可能性が小さくなる中で、いつ最後になってもいいように、今年もこの芝の上で悔いのないテニスで戦い抜ければと思います。

注目の「ウィンブルドンテニス」女子シングルス1回戦、クルム伊達公子 vs カテリーナ・ボンダレンコ戦は、6月26日(火)深夜0時00分~WOWOWライブにて生中継!

詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ。
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/

写真:AP/アフロ


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★ウィンブルドンテニス 大会第2日

6月26日(火)午後7:30~深夜0:00[WOWOWライブ]生中継
・男子シングルス1回戦 「錦織 圭(日本) vs ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)」
※当初の放送開始時間を変更してお送りします。


6月26日(火)深夜0:00~午前6:00[WOWOWライブ]生中継
・女子シングルス1回戦 「クルム伊達 公子(日本) vs カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)」

※試合の進行状況により、放送カードが変更となる場合があります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング