1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の酸化グラフェン市場ータイプ別(酸化グラフェン粉末、酸化グラフェン溶液)アプリケーション別(透明導電性フィルム、複合材料、エネルギー関連材料、生物学および医学)、地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年10月11日 17時15分

SDKI Inc.は、「世界の酸化グラフェン市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年10月11日に発刊しました。この調査には、酸化グラフェン市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111748



酸化グラフェン市場は、2022年に21.23百万米ドルの市場価値から、2030年までに194.68百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に37.24%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1281/resize/d72515-1281-85a9cc47c3cb4d19f9c5-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/graphene-oxide-market/111748

酸化グラフェンは、多数の酸素含有機能を備えたグラファイトの単一単分子層であるユニークな材料です。これは、一般的にハマーの方法で調製されたナノ材料です。エネルギー貯蔵、太陽光発電、電子機器などの多くの産業での酸化グラフェンの使用が増えています。これらの業界で酸化グラフェンは、一般的に粉末、懸濁液、シート、フィルムなど、さまざまな形で使用されています。これらの業界での酸化グラフェンの過度の使用は、予測期間中に市場の成長を促進します。酸化グラフェンから作られた導電性フィルムは、太陽電池の製造や電子機器のコーティングに使用されます。したがって、太陽光発電の採用の促進、と家電製品の普及の急増により、酸化グラフェンの需要が高まっています。さらに、DNAの優れた吸収や高い生体適合性など、酸化グラフェンの独自の特性により、生物医学産業での利用が促進されます。これは、予測期間中に酸化グラフェン市場の成長に貢献します。

しかし、技術的な制限は、2022ー2030年の予測期間中に酸化グラフェン市場の成長を妨げる可能性があります。

価格設定と貿易に関連する生態学的懸念と不確実性を念頭に置いて、さまざまな化学メーカーが新しいビジネスモデルの設計に向けて取り組んでおり、持続可能な目標を達成しています。また、化学メーカーは製品ポートフォリオを拡大しており、それに応じて最新のアプリケーションとイノベーションに投資しています。変革の主な分野は、再生可能資源へのエネルギー供給の変更、研究開発活動への継続的な投資、CO2排出量とプラスチック廃棄物の削減に焦点を当てていると推定されています。また、企業は2050年までに正味ゼロの温室効果ガス排出を目指しています。これらの要因は、経験豊富な専門家の需要を促進しており、既存の市場プレーヤーだけでなく、新規参入者にとっても有利なビジネスチャンスを生み出すと推定されています。一方、建設、コーティング、電子機器、クリーナー、消毒剤用の化学薬品の需要は継続的に成長すると推定されています。中国は世界の化学物質の生産で主導的な地位を占めており、2019年の世界の化学物質販売の約40%のシェアを占めています。世界の化学産業は、ヨーロッパ、日本、米国、およびアジアの発展途上国が世界の化学品販売全体で主導的な地位を獲得することで、競争環境の劇的な変化を目撃しています。日本の化学物質の輸出は、約30%のY-O-Y成長を示しめており、2021年4月に85億米ドルを超えました。一方、これは海外への出荷の全体的な発展を支え、米国と中国が最も高いシェアを占めました。これらの要因は、予測期間中に市場の成長を牽引すると推定されます。

酸化グラフェン市場セグメント

酸化グラフェン市場は、タイプ別(酸化グラフェン粉末、酸化グラフェン溶液)アプリケーション別(透明導電性フィルム、複合材料、エネルギー関連材料、生物学および医学、その他)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

酸化グラフェン市場の地域概要

酸化グラフェン市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、テクノロジーの早期採用、と十分に確立されたインフラストラクチャに起因します。一方、アジア太平洋地域の酸化グラフェン市場も予測期間中(2022ー2030年)に最大のCAGRを登録すると予想されます。急速に増加する研究開発、と製造業の急速な成長などの要因は、アジア太平洋地域の酸化グラフェン市場に有利な成長機会を生み出します。

酸化グラフェン市場の主要なキープレーヤー

酸化グラフェン市場の主要なキープレーヤーには、Global Graphene Group、Graphenea、Garmor、ACS Material、Cheap Tubes Inc.、The Sixth Element Materials Technology Co. Ltd,、BGT Materials Limited、UNIPL、Allightec Co., Ltd.、Shandong Leadernano Technology Co. LTD、Nanoinnova Technologies SL、E WAY Technology Co., Ltd.などがあります。この調査には、酸化グラフェン市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111748

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング