楽天「ラクマ」と「楽天シニア」、シニア世代に向けたオンライン版「フリマアプリ出品教室」を8月より定期開催

PR TIMES / 2020年8月4日 18時15分

- 定期開催でシニア世代のより快適なフリマアプリ利用をお手伝い ‐

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」と、楽天モバイル株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久、以下「楽天モバイル」)が運営する「楽天シニア」は、シニア世代に向けたオンライン版「フリマアプリ出品教室」の定期開催の運用を、本日より共同で開始します。



 「フリマアプリ出品教室」は、ビデオ会議システムを利用して、楽天「ラクマ」のサービス内容や商品の出品方法などを自宅から無料で学ぶことができる、「楽天シニア」の会員を対象としたオンラインイベントです。参加者は楽天「ラクマ」アプリのダウンロード方法から登録方法、実際の出品の仕方まで、実践を交えながら学ぶことができます。所要時間は約1時間となり、8月は計7回の開催を予定しています(注)。

 「楽天シニア」は、人生100年時代を見据え、スマートフォンを活用した健康寿命の延伸やシニア世代のITリテラシーの向上をサポートすることを目的に、2019年6月より開始したシニア世代向けのサービスです。専用アプリによる日々の歩数測定、シニア世代に向けた体操教室や各種ワークショップなどのイベント紹介・申し込み、対象施設へのチェックインによる「楽天ポイント」の獲得などを行うことができます。

 楽天「ラクマ」でシニア世代のユーザー数を調査したところ、60歳以上の新規登録ユーザー数が、2020年2月と同年5月の単月比較で、約2倍に増加していることが分かりました。また、同年3月以降、シニア世代のサービス利用や楽天「ラクマ」への問い合わせが増加しており、新型コロナウイルス感染拡大によって在宅時間が増加したことが要因のひとつであると分析しています。

 このような状況を受け、同年5月から7月までに、楽天「ラクマ」と「楽天シニア」が共同でオンライン版「フリマアプリ出品教室」を試験的に実施したところ、「楽天シニア」が主催するオンラインイベント中で、最も申し込み数が多いイベントとなりました。参加されたユーザーからは、「在宅時間で整理整頓していていらないものをただ捨てるのではなく、誰かに使ってもらえればと思っていたので参加できて良かったです」や「(出品して)実際に購入されました!」などの意見が多数あったため、これまで楽天「ラクマ」が不定期かつオフライン(実地)で開催してきた「フリマアプリ出品教室」を、8月以降はオンライン版として定期開催することを決定しています。

 楽天「ラクマ」と「楽天シニア」は、今後もシニア層のユーザーの声に耳を傾けながら、より良いサービスの提供に向けて取り組んでまいります。

(注)9月以降の開催日程は決定次第、「楽天シニア」アプリ内でお知らせします。

■オンライン版「フリマアプリ出品教室」の概要
・内容: 「楽天シニア」のユーザーを対象に、楽天「ラクマ」への出品方法などをオンラインで紹介するイベントです。具体的には、楽天「ラクマ」のサービス説明から、アプリのダウンロード方法、ご自宅の不用品の出品方法までを、実践を交えながら学ぶことができます。8月以降、毎月複数回を開催予定で、「楽天シニア」アプリ内で公開される開催日程から希望の日程を選択して申し込むことができます。

・参加費: 無料
・教室の流れ: 1.講師紹介 2.楽天「ラクマ」の紹介 3.出品体験 4.質疑応答
・所要時間: 約1時間
・日程: 8月4日15:30(火)、8月6日11:00(木)、8月11日15:30(火)、
8月18日15:30(火)、8月20日11:00(木)、8月25日15:30(火)、
8月27日11:00(木)/(各1時間)
※9月以降の日程は決定次第、「楽天シニア」アプリ内でお知らせします。
・日程告知ページ: [「楽天シニア」アプリトップ] > [イベントを検索] > [知る]
・参加人数: 5名(先着順)・参加条件: 1.「楽天シニア」のユーザー2.インターネットに接続可能なパソコン1台、またはスマートフォンを2台お持ちの方
・参加方法: 「楽天シニア」サイト内の告知ページからエントリー(会員登録必須)

【「楽天シニア」について】
「楽天シニア」は、健康寿命の延伸をサポートするサービスです。専用アプリを使用した日々の歩数測定や、各種イベントの予約と参加、対象施設へのチェックインで「楽天ポイント」を貯めることができます。また人生100年時代を見据え、主にシニア世代のITリテラシー向上を目的したスマートフォン教室をオンライン上や楽天モバイルショップで定期開催しています。「楽天シニア」はスマートフォンを活用し、楽しみながら健康増進と社会参加を推進する取り組みを展開していきます。

【フリマアプリの楽天「ラクマ」について】
楽天「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。販売手数料の安さなどを強みに、2020年6月末時点で2,500万ダウンロードを突破しました。

以 上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング