7月18日にスペシャル・ベスト・アルバム「I LOVE YOU -now & forever-」をリリースする桑田佳祐。ソロ活動の“now & forever”を語るインタビューをWOWOWで放送!

PR TIMES / 2012年7月17日 13時19分



 桑田佳祐がソロワークスの集大成ともいえる“スペシャル・ベスト・アルバム” 「I LOVE YOU -now & forever-」を、いよいよ明日、7月18日にリリース。そして、5年ぶりとなる待望の全国ツアー「桑田佳祐 LIVE TOUR 2012 I LOVE YOU -now & forever-」を9月からスタートさせる。
 WOWOWでは最新アルバムのリリースに合わせて「桑田佳祐スペシャル『I LOVE YOU -now & forever-』」を8月12日(日)夜7:00~オンエア。この番組は、過去の貴重なライブ・アーカイブスの中からアルバム収録曲より選りすぐりの楽曲をライブ映像でお届け。合わせてジョン・カビラが聞く、最新インタビューも放送する。25年にわたるソロ活動についてじっくりと迫り、さまざまなエピソードが次々と語られていく今回のインタビュー。なんと、そんなインタビューの先行放送を含む“桑田佳祐特集”が、アルバムリリース当日の明日、7月18日(水)にWOWOW「ザ・プライムショー」で放送される!

 このインタビューの模様の一部を紹介しよう。
たとえば、スペシャル・ベスト・アルバム「I LOVE YOU -now & forever-」のタイトルについて。これはアルバムのジャケット制作過程において、偶然が元になり導きだされたという。
「最初、ジャケット写真にデザインスタッフが仮の文字として『I LOVE YOU』をのせてきたんです。ベタだからこれはないよねと言いながらも、あれこれ考えた結果、やっぱり『I LOVE YOU』っていいよねと(笑)。これにもう一言ほしい、ということになり、僕が『now & forever』を加えたんです。新曲も入っているから『now』、それと、申し訳ないけど『forever』もつけていいかなと(笑)」
 桑田本人は謙遜するが、このアルバムに収録されている楽曲は、まさに“永遠”というべき名曲ぞろい。
「収録曲はすんなりと決まりました。今回は“桑田佳祐”名義だけの楽曲を並べ、年代順に収めていきました。ただ “タイム”には苦労しましたね。DISC2がCDに収録出来る時間を越えてしまって…。いろいろと試行錯誤し、曲間をゼロにしたところ、奇跡的に79分20秒におさまりました。まさにハードルぴったり! ハードルが少し揺れてましたけどね(笑)」

 そして桑田は、これまでリリースした数々の名曲についても語っていく。
ソロデビューシングルは、1987年にリリースされた「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」。当時の心境も率直に明かす。
「サザンオールスターズは、メンバーがみんな神輿の担ぎ手のようなところがあって、みんなで担ぐ楽しさがある。ソロはそれとは違って神輿に担がれている別の楽しさを感じます。両方にそれぞれの良さがあるので、いったりきたりしている感じですね。でも、ソロ活動をはじめた当初は不安もありましたが、まだ若かったですし、いろんなことに挑戦しようという気持ちでしたね」 
 これまでリリースしたオリジナルアルバムについても振り返る。1stアルバム 「Keisuke Kuwata」では、小林武史との緻密な作品づくりが「新鮮であり、スリリングだった」と語り、2ndアルバム「孤独な太陽」は、「ギター1本で言葉を全面に押し出す作品をつくってみよう」という想いからつくったという。3rdアルバム「ROCK AND ROLL HERO」は「当時、社会状況に対して皮肉をこめて思いきってつけたタイトル」だったと気骨も示す。そして「歌って気持ちが良い曲をつくろう」とした4thアルバム「MUSICMAN」。病気からの復帰後であったため、「誰しもが抱える人生のリミットを感じたため、悔いのないよう歌い、音楽をやっていこうということを、音楽と周囲の方々に教えていただいた」と語る。
 そして、今回CD初収録となる、作詞を松任谷由実が手掛けた幻の楽曲「Kissin’ Christmas(クリスマスだからじゃない)」にまつわるエピソードなども語った。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング