パナソニック ヘルスケア 医療現場のスマート化に貢献-「国際モダンホスピタルショウ2014」に出展

PR TIMES / 2014年7月18日 11時35分



保健・医療・福祉に関する日本最大規模の展示会、「国際モダンホスピタルショウ2014」が2014年7月16日から3日間にわたり東京ビッグサイト (東京・有明) で開催されています。パナソニック ヘルスケア株式会社は、『一人ひとりに最適なヘルスケアを実現するために』をテーマに出展。展示ブースでは、「病院」「診療所」「在宅医療」「保険薬局」「ヘルスケア」のゾーン別に多彩なソリューションを提案しています。

▼[動画] 医療現場をよりスマートにするパナソニックの医療ITソリューション
https://www.youtube.com/watch?v=4B8OL9HdB6I

【展示ダイジェスト】
<薬局向け「ヘルスケア手帳」サービス>
http://panasonic.co.jp/news/topics/2014/124623.html
今回新たに発表された「ヘルスケア手帳」サービスは、提携薬局を利用される患者様が無料アプリを使い、病院で受け取った処方箋を撮影・送付することで、薬局での待ち時間を短縮できるというもの。さらに、服用中の薬や履歴を管理できる「お薬リスト」、服用時間を知らせてくれる「服用アラーム」など便利な機能も搭載。薬局は患者様へのサービス向上と共に、新規顧客獲得や業務効率化が図れます。すでに2014年度内に総合メディカル株式会社の全国約500店舗(グループ会社含む)の導入が決まっており、今後さらに増加する予定です。


<診療所用電子カルテシステム「Medicom-HR III」>
http://panasonic.biz/healthcare/medicom/mchr/
紙のカルテのような使いやすさと、万全のサポート体制で全国の診療所様から大きな支持を得ている電子カルテシステム「Medicom-HR III」も診療所向けソリューションとして提案しています。電子カルテを中心に、医療事務コンピューターや医用画像保管システム、タブレット端末との連携など、医療情報を活用するための多彩なソリューションが可能です。


<進化した自動錠剤包装機と一包化薬鑑査支援システム>
病院の薬剤部向けソリューションとして提案されたのが、海外でも販売されている自動錠剤包装機です。自動錠剤包装機が電子カルテから薬剤情報を受け取って分包し、一包化薬鑑査支援システムがそれを自動でチェックします。自動錠剤包装機では、全てのタブレットケースをICチップが認識し、ヒューマンエラーによる挿し間違いを防ぐ機能も。
・自動錠剤包装機:http://panasonic.biz/healthcare/biomedical/dispensary/
・一包化薬鑑査支援システム:http://panasonic.biz/healthcare/tir/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング