ネパールの学校向けに「遠隔電池教室」を実施

PR TIMES / 2014年7月18日 13時22分



パナソニック株式会社は、2014年7月8日にネパールのBijeshwori Gyan Mandir Sainik Mahavidyalaya(ビジュソリ ギャン マンデル サイニク マハビテァレイ)の8年生2クラス、80人を対象に「遠隔電池教室」を実施しました。

これは、大阪府河内長野市立教育メディアセンターと河内長野市立千代田小学校の協力で実現したものです。教育メディアセンターでは、市内の小学校でITを活用した授業を積極的に推進しており、海外の学校との交流授業も実施しています。千代田小学校では、ネパールとの交流授業の実績があり、今回、同校からネパールの子どもたちに科学の楽しさを体験学習してもらい、科学への関心をより向上させたいとの要望を受け「手づくり乾電池教室」を開催しました。パナソニックがネパールの学校に向けた遠隔電池教室は初めてとなります。

電池教室では、電池の種類、特長など電池の一般的な知識を学んだ後に、専用キットでオリジナルの乾電池づくりを体験。参加した生徒たちからは、「とても良い経験ができました」「とても役に立つ内容ばかりでした。ぜひまた一緒に学習したいです。」などの声が寄せられました。
今回好評だったネパールでは、他の学校でも開催してほしいという要望もあり、今後も順次進めていく予定です。

■パナソニックの「手づくり乾電池教室」について
パナソニックでは1994年より「手づくり乾電池教室」を実施しています。2007年より海外での展開をスタートし、これまでタイ、イラン、中国、ブラジル、オーストラリア、インドネシア、ミャンマーなどで開催しています。
http://panasonic.co.jp/ec/event/

■パナソニックの「遠隔電池教室」について
パナソニックでは、「総合的学習」と「地域社会への貢献」を目指した電池教室を、更に多くの皆様に体験いただくために、ITを活用して授業を行う「遠隔電池教室」を開講しています。学校のIT環境に合わせ、大阪(守口地区)と教室をネットで結び、リアルタイムで電池教室を行います。
http://panasonic.co.jp/ec/study/enkaku.html

▼これまでの「遠隔電池教室」開催の様子
http://panasonic.co.jp/ec/study/en_report/index.html

【パナソニックの乾電池工場見学・出張電池教室】※小学3年生~6年生の学校団体様を対象
▼乾電池工場見学
http://panasonic.co.jp/ec/event/event.html
▼出張電池教室
http://panasonic.co.jp/ec/study/

<関連情報>
・EVOLTAなどパナソニックの乾電池
http://panasonic.jp/battery/drycell/
・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社について
http://panasonic.co.jp/ais/
・パナソニック キッズスクール
http://panasonic.co.jp/ad/pks/
・パナソニックの次世代教育支援
http://panasonic.net/sustainability/jp/community/education/
・パナソニック企業市民活動ブログ
http://panasonic.co.jp/citizenship/blog/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング