GMOサーチテリア、スマートフォンアプリ向けにインタースティシャル広告を提供開始

PR TIMES / 2013年12月6日 14時49分

~ ユーザーのアプリ離脱を防止、広告収益の向上を実現 ~

2013年12月6日
報道関係各位

GMOサーチテリア株式会社
===================================================================
スマートフォンアプリ向けにインタースティシャル広告を提供開始
~ ユーザーのアプリ離脱を防止、広告収益の向上を実現 ~
===================================================================
 GMOインターネットグループでモバイル・スマートフォン領域の広告配信シ
ステムの開発・運用を行うGMOサーチテリア株式会社(本社:東京都渋谷区、
代表取締役社長:中橋義博 以下、GMOサーチテリア)は、「GMO SSP for
Smartphone」および「ADResult for Smartphone」において、本日2013年12月
6日(金)より、スマートフォンアプリ向けのインタースティシャル広告サー
ビスを正式に提供開始いたします。

【インタースティシャル広告サービス開始の背景】
 スマートフォンアプリのリロードやダウンロードなどページ遷移時のロー
ディング(読み込み)は、たとえ数秒でもユーザーにとってストレスとなり
ます。そのため、媒体社(アプリ運営会社)からは、このローディングの時
間を活かして全画面表示のポップアップ型広告を表示する、インタースティ
シャル広告に注目が集まっています。インタースティシャル広告は、媒体社
の広告収益機会を創出するだけでなく、広告によってユーザーの興味・関心
を引きつけ、ローディングにおけるユーザーのストレスを軽減させ、ひいて
はアプリからの離脱を防止することも可能となります。広告主においてもユー
ザーの関心を引きやすく、高い広告効果が得られると期待されています。

 こうしたニーズを受けてGMOサーチテリアでは、「GMO SSP for Smartphone」
(媒体社向け)および「ADResult for Smartphone」(広告主向け)において
インタースティシャル広告サービスの取り扱い準備を進め、この度正式にサー
ビス提供を開始することとなりました。

-----------------------------------------------------------------
●「GMO SSP for Smartphone」でのインタースティシャル広告サービス
 (媒体社向け)
-----------------------------------------------------------------
 スマートフォンアプリをお持ちの媒体社は、媒体社の収益を最大化する広
告配信プラットフォーム「GMO SSP for Smartphone」のインタースティシャ
ル広告用SDKをアプリに導入していただくことで、同サービスが連携している
アドネットワーク各社から配信されるインタースティシャル広告をアプリ内
に表示させることができるようになります。広告は、レクタングルバナー
(300×250ピクセルのバナー)およびアイコン型広告で、任意のローディン
グのタイミング(*1)で掲載可能です。これにより、アプリの離脱率を防ぐと同
時に、スマートフォンアプリの広告収益のさらなる最大化が見込めます。
 また、1SDK対応のため、1つのSDKを導入いただくだけで、レクタングルバ
ナー、アイコン型の広告が表示可能となります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング