1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

コロナ禍版「人気102社が採用したい大学」を10月18日発売のAERAに一挙掲載

PR TIMES / 2021年10月15日 20時15分

月2回連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は夜の水族館での撮影に挑戦

10月18日月曜日発売のAERA10月25日号は、ここ数年の恒例企画「人気102社が採用したい大学」のコロナ禍版を一挙掲載。旧帝大、早慶上智、MARCH、関関同立ほか51の大学について、就活生に人気の102社への就職者数を一覧にした保存版です。好評の月2回連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、高砂淳二さんを先生に迎えての第5弾。夜の水族館での撮影に挑戦しています。9月以降、異変が生じているとされる米国株ファンドについての記事も掲載。毎月1万円ずつ20年間積み立てたらいったいどれくらい資産を増やせるのか、人気ファンド13本で試算しつつ、これからの米国株ファンドとの向き合い方を解説しています。表紙には、世界的シェフの須賀洋介さんが登場。師であるジョエル・ロブションや自身の信念についてインタビューしています。



[画像: https://prtimes.jp/i/4702/1314/resize/d4702-1314-2e108a12a206e5780123-0.jpg ]

コロナ禍が直撃した2021年春入社の就職活動は、旅行・航空業界など採用を中止したり縮小したりした企業もあって、学生たちを翻弄しました。一方で、オンラインでの採用活動や就職支援といった新しい試みも生まれました。10月18日発売のAERA10月25日号は、全国の大学の中から、旧帝大、早慶上智、MARCH、関関同立など主要51大学を抽出。各大学から就活生に人気の102社に就職した学生の実数を一覧で掲載しています。

一覧表からは、ほぼすべての業種に早稲田大学と慶応義塾大学が多くの学生を送り込んでいること、金融機関には、MARCHといわれる明治、青山学院、立教、中央、法政や西の関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)の各大学が強いことなどが見て取れます。毎年、航空各社に多くの学生が就職していた明治、青山学院、関西学院、同志社女子の各大学には個別に取材し、落胆する学生たちの目を開かせたノウハウなどを聞きました。面接から内定者懇親会、そして内定式まで、すべてがオンラインになったことで生じた学生たちの新たなジレンマについても取材。解消法を模索する企業の試みも紹介しています。

新型コロナウィルスの感染拡大は、就職活動のみならず、大学生活そのものを大きく変容させました。授業はオンラインになり、サークル活動も思うようにできず、新しい友だちもできない。孤立し、居場所を失い、立ち往生する学生たちを救う試みが、各大学で始まっています。特集では、そんな動きも取材しています。

月2回連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」では、「おれ水族館行ったことないかもしらん」という向井さんと、特別に貸し切りにしてもらった夜の水族館を訪れました。水中フォトグラファーとしても活躍され、海洋動物や魚の生態にも詳しい先生の高砂淳二さんと、まず足を向けたのは屋外エリア。ペンギンがいることを告げると、「寝てるやろ!」と言っていた向井さんですが、視界にその姿をとらえた途端、「あれ、ほんもん!?」とテンションが急上昇。暗いなかでの撮影に、「ストロボはたかんほうがええもんな」と動物たちを気遣いつつ、高砂さんが海外で撮影したペンギンやアザラシの撮り方を参考にしながら、レンズのセレクトやカメラの設定を考えて撮っていきます。その背景の選び方と構図のセンスには、高砂さんからも自然に「最初からいいのが撮れたね!」「うまいな!」と感嘆の声が上がりました。

撮影中、向井さんの提案で、「動物瞳オートフォーカス」という、カメラが動物の瞳に自動でピントを合わせるという比較的新しい機能を、ペンギンで試す場面もありました。その結果やいかに--。そして、ちょうどブルーとブラックの衣装を身につけていた向井さんが、「おれ、ペンギンポーズ、しよか?」と見せてくれたショットや、水槽を浮かび上がらせるブルーの照明を生かして、水中にいるかのような幻想的な雰囲気に仕上げた「人魚の世界」も見逃せません。「かわいい!」という言葉が何度、向井さんと高砂さんの口からこぼれたかわからないほど、愛くるしさ満点のレッスンです。

絶好調が続き、不動の人気を誇ってきた米国株ファンドですが、9月以降、相場の下落傾向が伝えられています。この号では、2001年から2021年まで、毎月1万円ずつ20年間積み立てたらいったいどれくらい資産を増やせたのか、人気ファンド13本での試算を一覧で掲載し、これを見ながら、米国株ファンドとの向き合い方をアナリストに取材しました。

ほかにも、

総選挙2021「あなたはどっち」 岸田自民と枝野立憲の主要政策比較
震度5強で見えた首都の弱点は「地下」と「延伸」
新型コロナ経口治療薬“最前線”早期診断が必須条件
テレワークの社員にも「社食」を届ける
深田恭子 「ルパンの娘」で学んだ貫くこと
藤井聡太「四冠」への逆転勝利で豊島竜王に9勝9敗
フェイスブック元社員 vs.ザッカーバーグ
BTS世界を席巻する背景に「競争」と「移民」

などの記事を掲載しています。

AERA(アエラ)2021年10月25日号
定価:440円(本体400円+税10%)
発売日:2021年10月18日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B09FNR73VH

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング