特別企画:アフター・コロナ これからを生き抜く力を考える『ENGLISH JOURNAL 2020年9月号』8月6日発売

PR TIMES / 2020年8月5日 17時15分

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『ENGLISH JOURNAL』(EJ) 2020年9月号のご案内を申し上げます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/888/1326/resize/d888-1326-666557-0.jpg ]

■特集■
EJ謹製
超難関 オトナの英語ドリル
昨年9月号の特集で大好評だった「オトナの英語ドリル」がパワーアップして帰ってきました! 夏休みの宿題に悩まされた子ども時代に思いをはせつつも、5日間で完成する英語の「超難関」ドリル問題に挑戦し、レベルの高い英語力を身に付けましょう。仕上げの「プレゼント付きチャレンジ問題」もあります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/888/1326/resize/d888-1326-120782-2.jpg ]

■特別企画■
アフター・コロナ
これからを生き抜く力を考える
新型コロナウイルスの影響で、人々の日常生活や働き方は大きく変化しています。人と人との接し方やコミュニケーションの取り方など、今後、世界はどのように変わり、そしてどんな力が求められるようになるでしょうか。コロナ収束後の未来とは? 6名の方に、今の、そしてこれからの世界について考察していただきます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/888/1326/resize/d888-1326-931510-5.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/888/1326/resize/d888-1326-947703-6.png ]



■学習コーナー(インタビューのスクリプト&音声DL)
Interview 1 ジェニファー・アニストン(俳優)&リース・ウィザースプーン(俳優)
現代社会が抱える諸問題に深く切り込むドラマ
近年、インターネット経由の動画配信サービス会社がさまざまなオリジナルコンテンツの制作に取り組んでおり、質の高い作品も生まれています。Interview1では、#MeToo運動とテレビメディアの問題に切り込んで高評価を得ているApple TV+のドラマ「ザ・モーニングショー」から、製作総指揮も務めた二人の主演女優、ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンの記者会見の様子をお伝えします。
[画像5: https://prtimes.jp/i/888/1326/resize/d888-1326-981273-1.jpg ]


Interview2 メスット・ドーアン(祭り専門家)
日本の伝統文化と祭りの感動を世界に伝える
トルコ出身の起業家、メスット・ドーアンさんは2016年に仕事で瀬戸内海の小豆島に移住。地域に溶け込めないことに悩んでいた彼でしたが、地元の太鼓祭りに参加したことをきっかけに島民に受け入れられとても感動したそうです。それ以降、日本各地の祭りに参加。日本の伝統文化を楽しく・正しく・わかりやすく世界に伝えるべく、インバウンド向けの観光案内や体験イベントを企画する「SUPER祭り 合同会社」を設立しました。日本の祭りの魅力や役割について語ります。

<商品情報>
【タイトル】 ENGLISH JOURNAL 2020年9月号
【URL】 https://ec.alc.co.jp/book/0020091/
【価格】 1,540円(税込)
【サイズ】 B5判、160ページ
【付属商品】 音声DL約68分
【雑誌コード】 01625-09

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング