グランドスラムの最年少優勝記録を持つマイケル・チャンにWOWOWが独占インタビュー!全米オープンテニスは8月27日(月)に開幕!※大会初日は無料放送&Webでも無料LIVE配信!

PR TIMES / 2012年8月27日 9時34分



アメリカ・ニューヨークで8月27日(月)に開幕するシーズン最後のグランドスラム・全米オープンテニス(8月27日(月)~9月10日(月)までWOWOWで連日生中継)。また、WOWOWでは10月13日(土)夜8時~1989年にグランドスラムでの最年少優勝を果たしたテニスプレイヤー マイケル・チャンたちのドキュメンタリーを放送する。
現役時代はベースライン上での粘り強いフットワークを武器に長年世界のトップで戦い続け、2003年の全米オープンで現役を退いたマイケル・チャンは、アジア系アメリカ人選手で、日本にも多くのファンを持ち、昨年は「東日本大震災復興チャリティ ドリームテニスARIAKE」で来日し、錦織圭とも対戦した。自身最後のグランドスラムとなった全米オープンや、錦織をはじめ日本人選手の印象についてWOWOWが独占インタビューを行った。


Q:現役最後の大会に全米オープンを選んだのはなぜですか?

マイケル・チャン:全米オープンを選んだ理由は、私のキャリアをスタートさせた大会だったからです。私が最初にプレーしたグランドスラムで15歳の時にアマチュアとして出場しました。
私が17回も出場した唯一の大会でしたし、出場したどの大会よりも多く、一番たくさんプレーした大会でしたので、デビューした大会で引退するのがいいと思いました。
アメリカ人ですし、母国で行われるグランドスラム大会で引退できるのは、とても特別な事だと思います。

Q:全米ファンへ感謝の気持ちを伝えた2003年の大会について、もう1度教えてもらえますか?

チャン:試合に敗れた後に、全米テニス協会が引退式を行ってくれました。そこで観客に引退することを報告し、長年ニューヨークで見続けてくれたたくさんの人に感謝の意を伝えることができました。本当に格別でした。
それまでの現役生活、そして家族に本当に感謝しましたし、テニスの才能を与えてくれた神様にも感謝しました。そんな機会を設けてもらえて最高でした。そうしようとする選手はたくさんいないと思いますが、ファンに敬意を表し、自分の気持ちを理解してもらうのはいいことだと思います。

Q:引退式の時に、観客から大きな拍手をもらっていましたが、どう感じましたか?

チャン:とても嬉しかったです。観客のみなさんがあんな態度を示してくれて、とても嬉しかったです。長い間全米オープンで、応援し励ましてくれたことへの感謝の気持ちを伝えることができて良かったです。
全米には17回も出場しました。だから私や家族、私のチームにとっては素晴らしい瞬間でした。ずっと私の記憶に残るでしょう。

Q:全米オープンに初出場した時のことを覚えていますか?

チャン:覚えています。大変興奮しました。1987年の全米オープンに主催者推薦で15歳の時に出場しました。18歳以下の全国大会で優勝したのですが、その大会は優勝したら全米オープンに主催者推薦で出られることになっていたのです。
そして1回戦でポール・マクナミーに勝ちました。経験のあるオーストラリアのとてもいい選手でしたが、第4セットで勝つことができました。
2回戦はナイジェリアのエンドゥカ・オディゾールに接戦の末に敗れました。初めて見るプレースタイルでしたので、最初の2セットはあっけなくやられました。その後落ち着きを取り戻し、続く第3、第4セットを奪い返しました。第5セットも勝てるチャンスはありましたが、一歩及びませんでした。
でもそんな若い時に全米オープンでプレーできたのは、素晴らしい経験でした。

Q:アジア系アメリカ人として育ったことはどういう意味がありますか?

チャン:とても面白いものでした。なぜなら当時は、アジア系アメリカ人のテニス選手はほとんどいなかったからです。ジュニアの選手としては4、5人いたうちの1人でしたし、メインツアーに参戦しているアジア人選手は私が知る限りいませんでした。
もちろん、今は違います。アジア人選手もいますし、中にはとても活躍している選手もいるので見ていて頼もしいです。
でも私は自分がアジア系の選手だということについてはあまり気にしていませんでした。テニスは自分が好きで、うまくなりたい楽しいスポーツだとしか思っていませんでした。

Q:小柄でもアメリカ人やヨーロッパ人選手のような大きな選手を倒せることが出来ると証明できたと思いますか?

チャン:良かったのは、自分よりも大きくて力強い相手とはそれまでもずっと戦っていたことです。ジュニアの時は背も高く力の強い兄のカールと、ほぼ毎日練習をしていました。
むしろ自分より小さいか同じくらいの相手と戦う方が、大きくて背の高い選手と戦うよりもやりづらく感じたくらいです。大きな相手と対戦するのには慣れていたのです。
そのおかげで相手が誰であろうと、どんなに有名であろうと、どんなに強かろうと、怖気づいたり恐れたりすることはありませんでした。テニスコートでは誰が対戦相手でも、怖気づくことはなかったですね。

Q:アジア人は小柄な人が多いですが、小柄なあなたがグランドスラムに優勝したことでアジア人は勇気づけられたでしょうか?

チャン:私は必ずしもアジア人がみんな小柄だとは思っていませんが、体が小さくても、私が活躍していることを見て自信を持った選手もいたとは思います。
例えば、松岡修三は多分190センチくらいあるでしょうし、錦織圭もそんなに小柄ではありません。他にも背が高くて力強いアジアの選手もいますし、私はたまたま小さかったのだと思います。
要は自分にある才能を活かせばいいのです。私は少し小さいですが、コート上で少し早く動けます。大きい選手にはパワーで劣りますが、問題ありませんでした。

Q:錦織圭にはどんな印象がありますか?テニス選手としての彼の良さを教えてください。

チャン:実際に去年の11月に彼と対戦したことがあります。有明コロシアムで満員の観客の前で彼と対戦したのは本当に楽しい体験でした。彼は間違いなくツアーを担うこれからの選手の1人です。トップ選手にたくさん勝ち始めていますし、有名になってきました。彼の身体能力やテニス選手としての才能はこれからますます知られるようになっていくでしょう。
彼が自分自身や自分のプレーに本当に自信を持っているかどうかは分かりませんが、自信がプレーにもっと表れるようになれば、彼はもう一段レベルアップするはずです。圭はランキングの低い選手相手には問題なく勝てます。大切なのは自分を信じることです。最高の選手に勝てる、しかも大きな試合でも倒せると信じることです。

Q:錦織は世界ランク1位になれるでしょうか?

チャン:彼には世界トップ10に入れるだけのポテンシャルがあります。しかし現段階で彼が世界ランク1位になれるかについて話すのは時期尚早だと思います。もっといい試合をする必要がありますし、グランドスラムで更に上位での試合経験が必要だと思います。
今、ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレーの4人は他の選手よりも群を抜いています。グランドスラムを見れば、それは明らかです。ここのところのグランドスラムで彼らがどれくらい優勝しているか調べてみたら、彼ら以外は一人か二人くらいしかいないはずです。現在は彼らがそれくらい圧倒しているのです。
彼らの牙城を切り崩すのは大変です。でも不可能なことでもありません。圭にもその可能性が十分にあります。今後彼はとても成長するでしょうから、そうなるのを待ちましょう。

Q:あなたにとってのフラッシングメドウ・パーク(全米オープンの会場)とは?

チャン:アメリカ人の私にとって、全米オープンは母国のグランドスラムです。また、北アメリカで行われる大会で唯一私が優勝していない大会です。
何度も惜しい所まで行きましたが、あと一歩届きませんでした。ですが、ニューヨークには家族もいますし、私にとっては素晴らしい大会でした。楽しく試合が出来ただけでなく家族とも楽しい時間を過ごせました。
アメリカ人にとって全米オープンでプレーするのは明らかに特別なことです。観客の後押しも得られますし、特にナイターはそうです。深夜12時とか1時にまでずれ込むこともあります。私もジョン・マッケンローと確か1991年に対戦した時に、試合が終わったのは深夜2時でした。しかし、みんな会場に残って見てくれていました。それこそ全米オープンならではなのです。他のグランドスラムならあり得ません。


8月27日に開幕を迎える今シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスはWOWOWにて圧倒的ボリュームで連日生中継する。また開幕前日の26日には、今大会の見どころや最新情報を徹底紹介する「無料放送!全米オープンテニス開幕直前スペシャル!」も放送する予定。
また、WOWOWでは10月13日(土)夜8時~1989年にグランドスラムでの最年少優勝を果たしたテニスプレイヤー マイケル・チャンのドキュメンタリーを放送する。


◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★「無料放送!全米オープンテニス開幕直前スペシャル!」
8月27日の全米オープンテニス開幕を前に、今大会の見どころや最新情報を徹底紹介。
【放送日】8月26日(日)よる6:30[WOWOWプライム]※無料放送

★「全米オープンテニス」
ニューヨークで行なわれるシーズン最後のグランドスラム、全米オープン。フェデラー、ジョコビッチ、シャラポワらトップ選手たちが躍動する!錦織圭ら日本勢の活躍にも期待。
【放送日】8月27日(月)~9月10日(月)連日生中継[WOWOWプライム][WOWOWライブ]
※初日無料放送
※初日インターネット無料生配信
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/us2012/

★「男子テニス国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ プレーオフ 日本vsイスラエル」
錦織圭らの活躍で27年ぶりにワールドグループに復帰した日本代表。今年2月の1回戦では破れたが、来年も同じ舞台で戦うべくホーム有明でイスラエルとのプレーオフに挑む。
【放送日】9月14日(金)~16日(日)午後1:00[WOWOWライブ]※連日生中継

★「楽天ジャパンオープンテニス」
“ビッグ4”のマレー、飛躍を続ける錦織ら、世界のトップ選手たちが東京・有明に集結!日本で行なわれる男子ATPツアー公式戦を、全日程生中継する。
【放送日】10月1日(月)~7日(日)[WOWOWライブ]※連日生中継


★WOWOW×TBSダブルコラボレーション 第1弾
ドキュメンタリー「伝説の引退スペシャル」
【放送日】10月8日(月・祝)夜9:00 日本編 TBS系列
【放送日】10月13日(土)夜8:00 世界編[WOWOWプライム]
マイケル・チャン、ロベルト・カルロス、チャールズ・バークレー
http://www.wowow.co.jp/tbs-wowow/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング