就職活動を直前に控えインターンシップの参加が活発化へ。「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」を発表

PR TIMES / 2021年1月20日 14時15分

対面式のインターンシップは交通費と時間の捻出に不満を感じる学生も。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生(3,093名)を対象に実施した、「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」の結果を発表しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-602244-0.gif ]

《TOPICS》


これまでにインターンシップ・ワンデー仕事体験の応募経験がある学生は9割。参加経験がある学生は8割を超える【図1、2、3、4】
2020年12月に「WEBのみ(対面なし)」のインターンシップに参加したと回答した学生は7割以上。北海道では9割を超える【図5、6】
WEB形式のインターンシップは、オンライン化による不便さよりも気軽に参加できる便利さを感じる学生が多い。通信環境などによる不満を感じた学生は1割程度に留まる。対面形式のインターンシップについて、プログラム内容に関わらず企業の社風・雰囲気が伝わりやすいが、参加するための交通費と時間を捻出することを不満に感じる学生が多い【図7、8、9、10】


<調査概要>
インターンシップ・ワンデー仕事体験に応募したことがある学生は91.2%(前月比0.4pt増)、参加したことがある学生は81.1%(前月比2.2pt増)だった。12月の平均応募社数は3.8社、平均参加社数は2.5社で、いずれも前月から微増した。就職活動を直前に控え、インターンシップが再び活発化しそうだ。【図1、2、3、4】

  【図1】これまでに応募・申し込みしたことのある割合

[画像2: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-252911-1.png ]


  【図2】これまでに参加したことのある割合

[画像3: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-535744-2.png ]


  【図3】インターンシップ平均応募社数推移

[画像4: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-973582-3.png ]


  【図4】インターンシップ平均参加社数推移

[画像5: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-456202-4.png ]


2020年12月にインターンシップへ参加した学生に、参加したすべてのインターンシップに関してどのような形式であったか聞いたところ、「WEBのみ(対面なし)」のインターンシップに参加したと回答した学生は全国平均で72.7%だった。特に北海道は全国で唯一9割を超えた。【図5、6】

  【図5】今月インターンシップに参加した学生 参加した開催形式(複数回答)

[画像6: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-418838-5.png ]


  【図6】「WEBのみ(対面なし)」のインターンシップに参加した学生の割合(地域別)

[画像7: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-911808-6.png ]



開催形式別に、参加したインターンシップについて満足した点を聞いたところ、「事業内容・企業情報が理解できた」と回答した学生は、対面形式よりもWEB形式の方が多かった。WEB開催ならではの満足点を見てみると、「自宅からなど、リラックスできる環境で参加できた」と回答した学生は3割を超え、「移動時間がないので授業やバイトの合間にも参加しやすかった」「遠方の企業のインターンシップにも参加しやすかった」と回答した学生も2割以上に上った。一方、不満点について、通信環境やWEB会議ツールの操作性を挙げる学生はそれぞれ1割程度に留まった。大学等でオンライン授業が実施されていたことにより、オンライン環境が整っており、WEB化による不便さよりもメリットを感じる学生が多いことが分かる。
対面形式のインターンシップに対する満足点は、「企業の社風や雰囲気が理解できたかどうか」において、「理解できた」と回答した学生が57.7%でWEB形式に比べて11.8pt多かった。また、「理解できなかった」と回答した学生は8.3%で、WEB形式に比べて11.7pt少ない。対面開催ならではの不満点を見てみると「企業への訪問にかかる交通費が負担だった」「授業やバイトとの時間調整が難しかった」「コロナウイルス感染の不安があった」という回答が上位3つを占めていることが特徴的であった。対面形式の方が社風や雰囲気の理解が伝わりやすいが、WEB開催という新たなスタイルが導入されたことで、交通費と時間の捻出の負担を不満に感じる学生がいることが分かる。【図7、8、9、10】

  【図7】WEB開催のインターンシップについて満足した点(上位抜粋)

[画像8: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-897451-7.png ]


  【図8】WEB開催のインターンシップについて不満だった点(上位抜粋)

[画像9: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-461778-8.png ]


  【図9】対面開催のインターンシップについて満足した点(上位抜粋)

[画像10: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-275198-9.png ]


  【図10】対面開催のインターンシップについて不満だった点(上位抜粋)

[画像11: https://prtimes.jp/i/2955/1340/resize/d2955-1340-283001-10.png ]


--------------------------------------------------
【調査概要】「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(12月)」
○調査期間/2020年12月20日(日)~12月31日(木)
○調査方法/マイナビ2022の会員に対するWEBアンケート
○調査対象/2022年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生 ※調査時点
○有効回答数/3,093名
(文系男子:539名、理系男子:528名、文系女子: 1,381名、理系女子:645名)
--------------------------------------------------
※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース( https://www.mynavi.jp/news/)からご確認いただけます

【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部
Tel:03-6267-4155
Fax:03-6267-4050
Email:koho@mynavi.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 HRリサーチ部
Tel:03-6267-4571
Fax:03-6267-4145
Email:myrm@mynavi.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング