WOWOW FILMS『ヘルタースケルター』観客動員150万人、興行収入20億円突破!

PR TIMES / 2012年8月28日 17時1分

 2012年7月14日(土)から公開中のWOWOW FILMS『ヘルタースケルター』が、8月27日(月)までに、観客動員150万人、興行収入20億円を突破いたしました(観客動員:1,535,820人、興行収入:2,005,254,380円)。
 この作品は、岡崎京子の同名コミックを、監督:蜷川実花、主演:沢尻エリカで映像化したもので、若い世代を中心に、幅広い年代の女性層で動員を伸ばしています。
 「WOWOW FILMS」は、当社が2007年に立ち上げた劇場用映画レーベルで、徹底して上質にこだわったエンターテインメント性の高い映画を企画・製作し、世界に送り出しています。今後の作品としては、柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶという豪華な女優アンサンブルが実現した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』を2013年春に公開する予定です。
 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

■ WOWOW FILMS『ヘルタースケルター』概要
出演:沢尻エリカ
大森南朋 寺島しのぶ/綾野剛 水原希子 新井浩文
鈴木杏(友情出演)/ 寺島進 / 哀川翔 / 窪塚洋介(友情出演)/ 原田美枝子
桃井かおり
監督:蜷川実花 脚本:金子ありさ 音楽:上野耕路
原作:岡崎京子「ヘルタースケルター」祥伝社フィールコミックス
製作:映画『ヘルタースケルター』製作委員会
配給:アスミック・エース
<ストーリー>
ものたんない! いつか私は叫び出す――。美・名声・金・愛の欲にまみれた芸能界で光り輝くトップスターへ上りつめた、りりこ(沢尻エリカ)。しかし、彼女には誰にも言えない【究極の秘密】があった ・・・。「もとのままのもんは、骨と目ん玉と髪と耳とアソコぐらい。あとは全部つくりもんさ」。全身整形でつくりものの美を纏った
りりこは、突き刺さる羨望に灼かれながら、欲望渦巻く世界をめちゃくちゃに疾走していく。
りりこが巻き起こす【事件】の真相とは、何か? 冒険の果てに辿り着く場所とは、どこか?

■ WOWOW FILMS近作
『白夜行』(2011年1月29日公開)
監督:深川栄洋 脚本:深川栄洋、入江信吾、山本あかり
原作:東野圭吾「白夜行」(集英社 刊)
出演:堀北真希 高良健吾 船越英一郎

『毎日かあさん』(2011年2月5日公開)第14回上海国際映画祭 アジア新人賞最優秀作品賞受賞
監督:小林聖太郎 脚本:真辺克彦
原作:西原理恵子「毎日かあさん」(毎日新聞連載・毎日新聞社 刊)
出演:小泉今日子 永瀬正敏

『マイ・バック・ページ』(2011年5月28日公開)
監督:山下敦弘 脚本:向井康介
原作:川本三郎「マイ・バック・ページ」(平凡社 刊)
出演:妻夫木聡 松山ケンイチ

『ヘルタースケルター』(2012年7月14日より絶賛公開中)
監督:蜷川実花 脚本:金子ありさ
原作:岡崎京子「ヘルタースケルター」(祥伝社フィールコミックス)
出演:沢尻エリカ
大森南朋 寺島しのぶ/綾野剛 水原希子 新井浩文
鈴木杏(友情出演)/ 寺島進 / 哀川翔 / 窪塚洋介(友情出演)/原田美枝子
桃井かおり

■ WOWOW FILMS最新作
『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(2013年春公開予定)
出演:柴咲コウ 真木よう子 寺島しのぶ 染谷将太 井浦新
監督:御法川修 脚本:田中幸子
原作:益田ミリ「すーちゃん」シリーズ(幻冬舎)
製作幹事:WOWOW/制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:スールキートス
<ストーリー>
すーちゃんこと森本好子(34歳)はカフェ勤務歴十数年。まいちゃんこと岡村まい子(34歳)はOA機器メーカー勤務。さわ子さんこと林さわ子(39歳)は、母と二人で祖母の介護をしながら、WEBデザイナーとして働いていた。
かつてのバイト仲間3人。それから10数年、今でも友情は続いている。
ときに3人でお出かけしたり、鍋をつついたり、そんな温かい時間の中に垣間見える不安の影。素朴なつぶやき。誰にでもある日常の、かけがえのないドラマが少しずつ動き始める。

以 上



【問合せ先】
(マスコミ関係) 広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング