新規開拓から交渉、契約締結まで。リアルに使う英語を指南『売上1000億円超!海外営業のプロが教える 世界基準のビジネス英語表現』、10月15日発売

PR TIMES / 2020年10月15日 14時45分

総合電機メーカー(NEC)での30年間の海外営業、150回以上のアメリカ出張、300人以上との英語の商談の経験から導き出された、日本人ビジネスマンに本当に必要な英単語とフレーズ

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『売上1000億円超!海外営業のプロが教える 世界基準のビジネス英語表現』のご案内を申し上げます。



[画像: https://prtimes.jp/i/888/1344/resize/d888-1344-654453-0.jpg ]

学校や資格試験対策で学んだ英語だけで海外のお客さまと取引をしたり、出張や駐在をしたりすることは可能でしょうか? 答えはNoです。

本書は、アメリカ・カナダとビジネスをする日本電気株式会社(NEC)の営業マンが書きためてきた、世界の基準となるビジネス英語をまとめた一冊です。
30年間の海外営業、150回以上のアメリカ出張、300人以上との英語での商談、そして売上1000億円超の実績を持つ、「英語好きのドメスティックな日本のサラリーマン」が、個人的な失敗談やエピソードをまじえながら、リアルなビジネス現場で役立つフレーズと単語を、実践的な会話音声と共に指南します。

ビジネス英語は、学校英語やTOEICのスコア、英検の級などでは測れない英語ジャンルです。
この本を読めば、あなたがよく知っているフレーズや単語が、違う意味で使われることに、また、日本で学んでこなかった英語がアメリカやカナダのビジネスの現場では頻出することに驚くことでしょう。ごく基本的な単語もあれば、見たこともないようなイディオムも出てくるはずです。英語教育の専門家ではなく、ビジネスの百戦錬磨を潜り抜けてきた生え抜きの営業マンが、少しずつ書き溜めてきたフレーズと例文を惜しみなく公開します。

海外との仕事で実績を上げたい方、海外へ進出して英語でビジネスを展開しようとしている方、外国人上司や部下、同僚と働く方、あるいは実践的な英語をもっと学び、知識を深めたいと思っている方にお届けします。

【目次】
第一章 日本人が間違って使っている英文 --I'll try. は「たぶん無理」
第二章 基本単語の隠された意味 --風邪をひいてhospitalには行かない!
第三章 今すぐ言ってみたいセンテンス --Do the math. は数学とは関係なかった!
第四章 会話をイキイキさせるイディオム --日本人は足を洗い、アメリカ人は手を洗う
第五章 ネイティブに一目置かれる表現 --ビジネス上の「しゃっくり」って何?
column アメリカ人なら知ってる「ポール・リベラ」、日本人を喋らせてインド人を黙らせる etc.

<商品情報>
【タイトル】売上1000億円超!海外営業のプロが教える 世界基準のビジネス英語表現
【URL】 https://ec.alc.co.jp/book/7020065/
【価格】1,760円(税込)
【サイズ】四六判、272ページ
【音声】ダウンロード43分
【ISBNコード】9784757436480
【著者】原一宏
【著者プロフィール】
日本電気株式会社(NEC)勤務。早稲田大学理工学部卒業後、NECで30年以上にわたり、アメリカとカナダの市場向け通信機器の海外営業を担当。新規開拓から交渉、契約締結まで、英語で約1000億円超の商談をまとめてきた。アメリカとカナダへの計150回以上の出張経験、カナダ・トロントの現地法人での6年間の勤務、300人以上との英語での交渉経験をいかして英会話術を磨く。英検1級、国連英検A級、英語通訳ガイドの資格を持つ。

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎える英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング