ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012 初の3DAYS生放送に続き、明日9月11日~3日間の模様をWOWOWで合計12時間の大ボリュームでオンエア!

PR TIMES / 2012年9月10日 16時44分



8月3日(金)・4日(土)・5日(日)の3日間にわたって、茨城県・国営ひたち海浜公園で「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012」が開催された。およそ150組のアーティストが出演する本フェスは、GRASS STAGE、LAKE STAGE、SOUND OF FOREST、WING TENT、SEASIDE STAGE、そしてDJ BOOTHを使って行なわれる国内最大級の夏フェスだ。音響システムや大型ビジョンなどの設備も前年よりもハイクオリティなものになり、演奏者もオーディエンスも満足できる環境が用意されていた。
 初日はヒッピホップ界をリードするKREVAがGRASSのトリを担当し、多くのゲストを招いて、賑やかなステージにしてくれた。他にも、GRASS初進出となったNICO Touches the Walls、ROCK IN JAPAN FESTIVAL常連のDragon Ash、16年振りに再結成したPRINCESS PRINCESSなどに注目が集まった。
 2日目は勢いのあるTHE BAWDIESをはじめ、新体制で臨んだチャットモンチーやくるりがGRASSに登場。LAKEではフジファブリックが新旧楽曲を織り交ぜ、感動的なステージを見せてくれた。GRASSのトリを務めたthe HIATUSはメッセージ性の強い楽曲と安定感のある演奏で多くの人を魅了した。
 最終日は奥田民生、トータス松本、スピッツなど、40代のアーティストが貫禄のステージを展開。ONE OK ROCK、FUNKY MONKEY BABYS、ケツメイシらも、先輩ミュージシャンたちに負けじと個性あふれるステージパフォーマンスでしっかりと盛り上げてくれた。
 WOWOWではフェス当日に3DAYS生放送を行なったが、9月11日(火)・12日(水)・13日(木)の3日間、合計12時間の大ボリュームで放送する。観に行った人も残念ながら観られなかった人も、夏フェスの興奮と臨場感をたっぷりと楽しんでもらいたい。

【番組情報】
9/11(火)19:00~ <DAY-1>
9/12(水)19:00~ <DAY-2>
9/13(木)19:00~ <DAY-3>
http://www.wowow.co.jp/rij




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング