1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

グローバルチャットボット市場ーコンポーネント別(ソリューションとサービス)、テクノロジー別、展開タイプ別、使用法別、組織の規模別、アプリケーション別、業種別、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年11月13日 11時15分

SDKI Inc.は、「グローバルチャットボット市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年11月12日に発刊しました。この調査には、チャットボット市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58682



チャットボット市場は、2022年に43.7億米ドルの市場価値から、2030年までに266.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に29.5%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1377/resize/d72515-1377-116a3d54d8e96e8763cf-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-chatbot-market/110

チャットボットは、音声コマンドまたはテキストチャット、あるいはその両方を介して人間の会話を複製するコンピュータプログラムです。これは、組み込み可能な人工知能機能であり、主要なメッセージングアプリケーションを通じて使用されます。技術の進歩、セルフサービスに対する顧客の需要の増加、およびより低い運用コストでの24時間365日の顧客支援は、予測期間中にチャットボット市場の成長を推進する要因です。さらに、主要産業間でのチャットボットの使用の増加、およびさまざまなチャネルを介した顧客エンゲージメントへの注目の高まりは、予測期間中にチャットボット市場の成長の機会を生み出しています。

さらに、チャットボット市場の成長は、運用コストを削減するために企業間で顧客サービス活動の採用が増加することによって推進されると予想されます。チャットボットは、一連のルールまたは人工知能技術のいずれかを使用して開発されたインタラクティブなアプリケーションです。テキストによる会話プロセスを通じて人間と対話するように設計されており、さまざまなメッセージングサービスと統合されているため、さまざまなセクターのユーザーを支援します。人工知能(AI)および機械学習(ML)テクノロジーで実行されるさまざまなイノベーションにより、チャットボットの機能が強化され、チャットボットの需要が促進されることが期待されています。

しかし、顧客の意図を認識し、効果的に対応する能力がないことは、予測期間中にチャットボット市場の成長を妨げる可能性があります。

チャットボット市場セグメント

チャットボット市場は、コンポーネント別(ソリューションとサービス)、テクノロジー別(機械学習と深層学習、自然言語処理と自動音声認識)、展開タイプ別(オンプレミスとクラウド)、使用法別(Webサイト、コンタクトセンターなど)、組織の規模別(大企業およびSME)、アプリケーション別(カスタマーサポート、パーソナルサポートなど)、業種別(銀行、金融・保険、小売・eコマースなど)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

チャットボット市場の地域概要

チャットボット市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、世界のチャットボット市場で最大のシェアを占めています。これは、この地域でチャットボットが広範に採用されているためです。一方、アジア太平洋地域は、世界のチャットボット市場で最も急速に成長している地域です。これは、チャットボットと機械学習へのスタートアップによるさまざまな投資、とインドや中国などの主要経済国における情報通信技術インフラストラクチャの急速な拡大に起因しています。

チャットボット市場の主要なキープレーヤー

チャットボット市場の主要なキープレーヤーには、IBM、Nuance Communications、Google、AWS、Artificial solutions、Chatfuel、Botsify、Yellow Messenger、Conversica、Kevitなどがあります。この調査には、チャットボット市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58682

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください