「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」デイリーキャスターの土屋アンナが「2年目もアンナ流の生放送スタイルを貫きます」

PR TIMES / 2012年10月10日 11時43分



毎週月曜から金曜までWOWOW渋谷ステーションから生放送中の、世界を飲み込む!未来型&トークショー「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」が10月で1周年を迎えリニューアルした!木曜日のデイリーキャスターを務めてきた土屋アンナは水曜日に移動。本音で語るトークが面白くてかっこいいと視聴者からも好評の土屋が、番組2年目に入るにあたりインタビューに応じた。
「本格的なキャスターの仕事は初めてでしたが、この1年間はとても楽しかったです。私は生放送ということをあまり意識できないから、爆弾発言をしてしまうかもという危険が常にあって(笑)。でも、カビラさんやスタッフの皆さんが私を支えてくれました。番組スタート時は台本に細かく指示があったんですが、今ではもう出たとこ勝負のスタイルが確立して『ここでアンナさんの感想など』って書いてあるだけですね」
 と、明るい表情で語る土屋。番組開始から1年間組んできたカビラとは、今では息もピッタリになった。
「カビラさんもどんどん自由になっていきましたね。これまでスタジオにはたくさんのゲストが来てくれたんですが、カビラさんが初対面の人を相手にハメをはずして笑わせてくれることもあって、意外や意外、カビラさんって面白いんだと衝撃を受けたこともあります。たぶん私のキャラクターに合わせてくれているんでしょうね。木曜日のカビラさんはどんどんはっちゃけて、お笑い度がアップしている気がします」
最近では、音楽活動もますます盛んになってきている土屋は、「これまで担当してきた海外ドラマはあまり馴染みのないジャンルで、ひとつひとつの情報が新鮮で興味深かったけれど、2年目は、音楽の話もたくさん盛り込みたいと思ってます。自分ひとりでいると好きな音楽しか聴かないものだけれど、これからは番組をきっかけに世界のいろんな音楽を聴きいて、それを視聴者の方と一緒に楽しみつつ、自分の引き出しにできたらいいな。良いインスピレーションをもらえそうですね」
 洋楽・邦楽を問わずたくさんの音楽を聴いている土屋の最近のおすすめは、ロンドン五輪の開会式・閉会式のパフォーマンスで注目を集めたエミリー・サンデー。
「エミリーのソウルフルな歌声はすばらしくて、あのホイットニー・ヒューストンを超えるんじゃないかと思うぐらい。私は今、4枚目のアルバムを作っていて、そこでは大人っぽいロックを目指しているので、エミリーからも刺激をもらっていますね。今はカラオケで歌えるような曲がヒットするけど、そうじゃなくて歌えないぐらいの曲や、人生変えてしまうような曲、悲しいときに泣かせてくれるような曲を、20代以下の若い子たちに知ってもらえたらうれしいです」
 現役ミュージシャンの土屋と音楽ジャンルにも造詣の深いカビラ。2年目はまた違う魅力を見せてくれそうだ。
「私は楽曲自体や歌声を直感的に好きになるけど、カビラさんは音楽の歴史にもすごく詳しくて、アーティストの生き方やその時代の背景をよく知っている。この曲はこういう歌詞でこういう時代に生まれたと教えてくれるから、すごく勉強になります。だから、私自身も10月からの新しい『渋谷Live!ザ・プライムショー』が楽しみ。番組を今まで見てきてくれた人も、見たことがない人もぜひ期待してください」

★「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」は、毎週月曜~金曜夜7:00より
生放送、WOWOWプライムにて。(無料放送)
番組HP:http://www.wowow.co.jp/muryo/tps/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング