1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クロロベンゼン市場―タイプ別(モノクロロベンゼン、パラジクロロベンゼン、ジクロロベンゼンなど);アプリケーション別、地域ーグローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向、予測2022-2030年

PR TIMES / 2021年7月20日 13時45分

Kenneth Researchは調査レポート「クロロベンゼン市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 20日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325427




調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

クロロベンゼン市場は、2030年末までに3,900百万米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に5.8%のCAGRで拡大すると予測されます。

クロロベンゼンは、ベンゼンまたは塩化フェニルとしても知られています。クロロベンゼンの特性は、高い可燃性、無色で芳香族であり、いくつかの工業用途で溶剤として使用されていることです。それは、酸と触媒の発現におけるベンゼンの塩素化によって形成されます。クロロベンゼン市場の需要は、化学産業でのアプリケーションの増加により拡大しており、世界的に市場の成長を牽引しています。

これらは通常、さまざまな農薬、殺虫剤、およびその他の化学物質の製造に使用されます。同様に、それらは脱臭剤、脱脂剤、除草剤、および燻蒸剤としても使用されます。世界のクロロベンゼン市場は、予測期間に重大な成長を観察すると推定されており、近い将来もそのように続くと予想されます。世界のクロロベンゼン市場を牽引する主な要因は、他の化合物や化学物質を製造するための化学産業におけるこれらの化学物質の需要の急増です。

さらに、パーソナルケア業界でのデオドラントの高い使用率も市場の成長を後押ししています。しかし、農薬や除草剤などのこの製品の使用に関連する環境の不具合、およびより安全な代替品の存在は、市場の成長を制限する可能性があります。さらに、新しい化合物を作成するための他のいくつかの反応の中間体としてのこの化合物の高い揮発性は、今後数年間で新しい成長の機会を提供すると予想されます。

市場セグメンテーション洞察

[画像: https://prtimes.jp/i/59861/1398/resize/d59861-1398-86f04cfe025c33d04c09-0.png ]



タイプ、アプリケーション、および地域は、世界のクロロベンゼン市場の主要なセグメントです。

タイプセグメントはさらに、モノクロロベンゼン、パラジクロロベンゼン、ジクロロベンゼン、およびその他のタイプに分類されます。アプリケーションによって、セグメントはさらにニトロクロロベンゼン、溶剤、ポリフェニレンサルファイド樹脂、ポリスルホンポリマー、ルームデオドラント、蛾防除、その他のアプリケーションに分類されます。

クロロベンゼン市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

アジア太平洋地域は世界市場シェアを支配し、予測期間中にその支配を継続する可能性があります。中国、インド、日本などの国々で、化学製造、製薬産業の成長、ゴム製品、農薬、樹脂の製造プロセスにおける溶剤としての用途の拡大により、この地域でのクロロベンゼンの使用が増加しています。インドは、業界の製剤セグメントで重要な役割を果たしています。インドは、世界で3番目に大きな医薬品生産国です。インドには、米国以外でFDAが承認したプラントの数が最も高いです。

クロロベンゼン市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。


レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「クロロベンゼン市場」というタイトルのレポートは、クロロベンゼン業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のクロロベンゼン市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。クロロベンゼン市場における業界のリーダーはBeckmann-Kenko GmbH, Fluorochem Ltd., Chemada, Gl Sciences Inc., Alfa Chemistry, Hindustan Organics Chemicals Limited, Hbcchem, Inc., Meryer (Shanghai) Chemical Technology Co. Ltd., Cambridge Isotope Laboratories, Inc., and Wako Pure Chemical Industries, Ltd.などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/chlorobenzene-market/10325427

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング