1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の医療支払い詐欺検出市場ータイプ別(記述的分析、予測的分析、処方的分析)、配信モデル別、コンポーネント別、サービスのソース別、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年11月18日 10時15分

SDKI Inc.が「世界の医療支払い詐欺検出市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年11月17日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-112068



医療支払い詐欺検出市場は、2022年に15.7億米ドルの市場価値から、2030年までに76.1億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に25.3%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1406/resize/d72515-1406-393309a5d244b5479359-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-medical-payment-fraud-detection-market/142

医療業界は厳しく規制されており、コストは綿密に監視されています。医療詐欺は政府にとって重大な問題であり、セクター内のリスクとエラーの数を減らす、より効果的な検出方法が大いに必要とされています。また、医療費やその他の支払費用の支払いにおいて、詐欺の発生がより頻繁に発生します。したがって、医療支払い詐欺検出ソリューションは、医療詐欺、浪費、および乱用を防ぐために使用されます。これらのソリューションは、医療専門家または患者による事実の完全な改ざんまたは意図的な重複であり、ハッカーに不正な利益をもたらす可能性があります。

したがって、医療部門での詐欺の圧力の高まり、健康保険を選択する患者の数の増加、および医療費の乱用は、予測期間中に医療支払い詐欺検出市場の成長を推進する主な要因です。National Health Care Anti-Fraud Associationの調査によると、2015年には医療詐欺とエラーが25%増加し、2008年以降の合計は6.9%でした。同様に、連邦捜査局によると、米国では医療費の3%から10%が違法であり、毎年医療費が支出されていると推定されています。医療詐欺の発生率が増加するにつれて、医療会社の経済的負担も増加します。したがって、医療グループは医療詐欺検出システムを選択しています。これは、世界中の医療支払い詐欺検出市場の成長見通しを推進すると予想されます。

しかし、熟練した専門家の不足、および発展途上国でこれらの不正分析ソリューションを実装することを望まないことは、2022ー2030年の予測期間中に医療支払い詐欺検出市場の成長を抑制する可能性があります。

医療支払い詐欺検出市場セグメント

医療支払い詐欺検出市場は、タイプ別(記述的分析、予測的分析、処方的分析)、配信モデル別(オンプレミス、クラウドベース)、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、サービスのソース別(社内、外部委託)、エンドユーザー別(民間保険会社、公的/政府機関、サードパーティサービスプロバイダー)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

医療支払い詐欺検出市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、詐欺事件の増加を背景に詐欺検出ソリューションの浸透が進んでいること、とこの地域に多数の市場ベンダーが存在することに起因しています。一方、アジア太平洋地域の医療支払い詐欺検出市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/CAGRを示すと予想されます。政府の支援や医療詐欺の発生率を減らすためのイニシアチブの高まり、と中国やインドなどの発展途上国における医療インフラの改善などの要因は、アジア太平洋地域の医療支払い詐欺検出市場に有利な成長の機会を生み出します。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

医療支払い詐欺検出市場の主要なキープレーヤー

医療支払い詐欺検出市場の主要なキープレーヤーには、LexisNexis Risk Solutions、International Business Machines Corporation、Optuminsight、OSP Labs、DXC Technology Company、Unitedhealth Group、SAS Institute、Fair Isaac Corporation、EXL Service Holdings, Inc.、CGI Groupなどがあります。この調査には、医療支払い詐欺検出市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-112068

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください